伝説 | 神話 | 幻獣

創世記に登場するカインは西セム語で鍛冶師を意味します。

それは、メソポタミアで広く信仰されていたエンキ神を投影し作り替えた人物なのです。
エンキ神は知恵の神として鍛冶の技術を司る役割を担っていたのですから。
Read More
Top