少女生き埋め | 無期懲役確定

150427_chiba

千葉県芝山町の畑で2015年、当時18歳の少女を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人などの罪に問われた無職、中野翔太被告(22)の上告審で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は10日付で被告側の上告を棄却する決定をした。
150427_chiba
被告を無期懲役とした一、二審判決が確定する。
判決によると、中野被告は15年4月19日深夜、仲間の男女2人と共謀し、千葉市内の路上で同県船橋市の少女を車に乗せて連れ去った上、暴行を加えて財布などを強奪。翌20日未明、芝山町の畑に少女を生き埋めにして窒息死させた。
img_0_m

Top