JR新宿駅構内に「30メートル級の大便」

ce84c79e-s

JR新宿駅の地下通路に、「汚物」が点々と道を作っている――。2017年10月3日15時30分過ぎ、駅構内を歩いていた複数の利用客から、こんな悲鳴のような報告がツイッターに上がった。

現場を目撃した利用客の1人はJ-CASTニュースの取材に、排泄物とみられる汚物は一直線に30メートルほど続いていたと説明。その上で、「(汚物は)かなりの量でした」と驚いた様子で振り返っていた。

昼下がりの駅で「報告」相次ぐ

複数の目撃者の報告などによれば、汚物があったのはJR新宿駅の地下1階通路。埼京線ホームへと上がる階段の近くにあるトイレに向かって、汚物が点々と道を作っていたという。

「事件」が起きた時刻が平日の昼間だったこともあってか、目撃者の数はそれほど多くなかったようだが、ツイッターには、

「おい誰だ、新宿の地下通路でうんこしたやつ!」
「新宿駅に人のうんこめっちゃ落ちてて臭すぎ」
といった報告が同時多発的に上がっている。そのほか、駅構内に悪臭が漂っている、などと訴える利用客も複数出ていた。
実際、現場を目撃した男子学生(22)は10月4日、ツイッターを通じたJ-CASTニュースの取材に、

「30メートルほど大便が一直線に落ちていました(略)かなりの量でした」と振り返る。

また、こうした汚物を「踏んでしまった」という20代の女性会社員も同日の取材に対し、現場の状況について、

「30メートル続いていたわけではなく、途切れ途切れで散らばっていたり、引きずられたりしたような跡が見えました」としていた。ちなみに、この女性が履いていた靴のかかとには穴が空いていたため、汚物は靴下にまで及んでいたという。
ce84c79e-s
>女性が履いていた靴のかかとには穴が空いていたため、汚物は靴下にまで及んでいたという。

ww

Top