外国人「日本の銭湯は水着OKにして!」

hqdefault

外国人の内湯と外湯の使い分け方も、注目すべき点だ。
「自宅のお風呂を内湯、銭湯や温泉など外の施設のお風呂を外湯といいますが、弊社での調査によると、それぞれを組み合わせている人が全体の3割いることがわかりました。銭湯に行って日本文化を感じたいというのも理由の1つですが、『内湯が使いにくいから』というシンプルな理由も多いです」
hqdefault
欧米人は日本人に比べて体が大きいため、内湯だと狭く感じるのだという。シャワーが低く、浴槽が狭すぎるため、定期的に広々とした外湯を利用するのだ。しかし、外湯は内湯以上に、外国人たちを驚かせるという。
「多くの外国人の方は、お風呂のお湯を、大勢でシェアすることに抵抗を持っています。実際に日本のお風呂習慣で最も混乱したという回答で『お風呂のお湯のシェア』は全体の65%と最も数を集めました」
また、他人に裸を見られるのを嫌がり、「水着で入れる銭湯を増やしてほしい」といった要望や、タトゥーでの入浴を解禁してほしいという声も。
「海外では、タトゥーはファッションの1つとして捉えられていますが、日本の銭湯や温泉はタトゥー禁止の場合がほとんどです。せっかく日本の外湯を楽しみに来ても、入れずに終わって残念だという声もあります」 

郷にいれば郷に従え

Top