井上尚弥いつかはWBCバンタム級


ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24)が「日本伝統のベルト」へのあこがれを口にした。21日、元東洋太平洋同級王者の弟拓真(21=ともに大橋)、父真吾トレーナーと神奈川県庁に黒岩県知事を表敬訪問し、米国デビュー戦をTKO勝利で飾った9日のV6戦を報告。今後の目標として、「バンタム級に上げるなら、WBCですね。日本人になじみがある。そこはいきたい」と奪取を誓った。

 すぐにではない。同ベルトは8月にV13戦に挑んだ山中慎介が敗れたばかり。その後、相手のネリに薬物陽性反応が出て、先行きが不透明となっている。あくまで「いつか」の話だが、2度王者となった辰吉、長期政権を築いた長谷川、山中の名前を挙げ、「名王者ばかり。そこに名前を残したい」と継承を志した。

 将来ではなく直近では年末に国内で試合を予定する。スーパーフライ級で「形を残したい」と統一戦を希望し、他団体の王者の動向をうかがうが、標的としたIBF王者アンカハスは11月に指名試合があることが判明。「(大橋)会長が猛烈に交渉してくれている」としながらも、年末は階級を上げない方向。「そこで体重を見て、いけるなら来春まで待つことも考えたい」と見込んだ。

Top