【雑記】引越顛末その4ラスト:引越してからわかった、先にこうすりゃよかった編

 

 引越をしたのでその関連で4つほど記事を書いた。この記事は、これから引っ越そうという人にとって一番役に立つ記事。

 

 いろいろ今回行った引越について書いてきたのだが、そもそも書き残して置きたかったのは今回の、次引越するならこうやっとけよ!という項目である。

 次にするならこういうことに気をつけていきたい。

 尚、気をつけたい順から記載している。

 

<目次>

 

1.契約日と引越し日を一緒にしない

 今回一番やらかしたと言えばこの契約日=引越し日、勢い余って(同居人が)契約日=引越し日にしてしまった。当然ながらオススメしない。

 ガスやら電気やらの開通あたりの工事などについても余裕がなかった。せめてなー一週間ぐらいは余裕があってもよいんではないかと思う。とにかくものを購入すること自体も、「引越しをしてから」って言葉に落ち着いてしまうので、様々なものについて後回しせざるをえない状況となる。

 メリットと言うと、引越し前の家の賃貸を余分に払わなかったことと、エンドが速く決まっているためちゃきちゃき動けたといったことだろうか。

 

2.冷暖房機器は事前に確保しておく

 今年の夏は暑い。暑いのだが今現在寝る場所にエアコンがない。リビングは既に設置済みなので難を逃れているが、このままエアコン1機もなく入居していたかと思うと肝が煮えるごとしである。

 というわけで、冷暖房の容易は事前にするのが絶対いい。

 

3.カーテンは先に準備しておく

 引越してからというもの、ベッドルーム以外未だレースカーテンのみで生活している。以前の部屋のカーテンをひとまず代用すればいいじゃーん!と思っていたら、窓のサイズが大幅に違うこともあって、代用ができなかったのだ。

 新しく買うにせよ、既存のものを使うにせよ、事前に確認しておいた方がよいだろう。ちなみに、今回契約日=引越し日となっていたが、一応契約前にも現地確認はできた。しかし、先に余裕を持ってカーテンだけ買おう!というような時間がそもそもなかったのである。

 はやく買いたい。。

 

4.基本の文具とゴミ箱はすぐに出せるようにしておく

 引越し後直後に困ること。荷物梱包をほどくことから、基本的な文具が必要になっておくので別途持っていった方が後から困らない。

  • はさみ・カッター(ダンボールをきる)
  • ビニール紐(ダンボールをまとめる)
  • ゴミ袋(ごみを捨てる)
  • ガムテープ(ゴミ袋を止める)
  • メジャー(いろいろサイズを測る)

少なくともこれらの神具は必須である。

 

5.棚などにシートを引くなら引越し前がいい

 カーテンと同じく大幅に失敗したことの一つ。よく押入とかクローゼットとかにシートとか引くじゃないですか。これを事前にやっておかないと、梱包ほどいてもすぐに置けないから、一番最初にやっておいた方がいい!

 引越し後は荷物がいろいろ大変になるので、サイズの確認するだけでも事前にやって、下に引くシートは買っておく。ここまでは引越し前に実施しておいた方がいい。引越し後の一番初めの作業としてやる方がいい。

 

6.飲料とご飯の確保をする

 当然だが、引越ししようがしまいが喉が渇くしお腹も減る。そうなので、飲料とご飯をどう確保するかは事前に決めておいた方がいい。

 すぐに自炊したいなら、フライパン・やかん・菜ばし・コップ・皿あたりの食器類はどの箱かわかりやすいようにしておけばよかったと思う。

 最近のダンボールは「すぐに空ける」とかチェックができるので、これでわかるだろう!うえーい!! と思ったら大間違いだった。

 今回は梱包をお願いしていたので、上記キッチンの必要物については、自分たちで箱を用意することができなかった。ダンボールを漁れば、と思うだろうがダンボール数が二人暮らしだと平均で70個程度になるので、見つけるのに一苦労する。ちなみに今回我々のダンボールの個数は100個。……。ということもあって、本来ここにおいてほしい場所にダンボールが置かれないこともままあるので、ダンボールに書いている項目を頼りに他から探しのように探していくしか他ないのである。

 

7.紙袋は捨てずに持っていく

 紙袋はある程度ストックして、さまざまな用途に利用する。のだが、引越もあいまって、手軽にしようと大幅に捨てた。そしたら、そこそこ困った。

 箱など持っていっても新しい場所には合わないことも多々あるので、紙袋を簡易的な箱として用いることがあるのだが、厳選に厳選を重ねて捨てた結果、安易に利用できない紙袋ばかりに陥ってしまったのである。

 紙袋など新しい家に行っても容易に捨てられるのだから、そっくりそのまま持っていくのが吉だろう。

 

 

 

 とまあ、様々な後悔と共に引越の最初はダンボール生活が始まる。できればそういった後悔は少なくしておきたいものである。

 ダンボールと言えば、最近の引越し業者は本当にわかってらっしゃって、全ダンボール、アクセス可能なように配置し、その上一定方向に何が入ってあるか記入されている方を見せるように配置してあったのだった!!

 特にアクセス可能なように配置してあるのは非常に嬉しい! 真ん中にあって他のダンボールを取らないとアクセスできない箱ってホント大変だから、これがないように配置してあるだけでもすばらしいと思う。ありがとう引越し屋さん!

Top