中邑真輔VIP扱いで白星デビュー「イヤァオ!」


WWE1軍のスマックダウンに昇格した中邑真輔(37)が21日(日本時間22日)、VIP扱いのデビュー戦を白星で飾った。米シカゴで開催のバックラッシュ大会で、全世界生中継の第1試合に登場。強敵ドルフ・ジグラー(36=米国)に得意のキンシャサを決め、その実力を世界に示した。
世界が注目する中、WWEは中邑のデビュー戦に、テレビ生中継の第1試合を用意した。日本では前座だがWWEでは特別なポジション。4月の昇格発表から、待ちに待った世界のファンに中邑をアピールするための演出だった。
大歓声に迎えられた中邑は、元世界ヘビー級王者のジグラーと激戦を展開。ジグラーのジグザグ・スーパーキックにカウント2まで追い込まれた。それでも、リバース・パワースラムから必殺のキンシャサで15分50秒の激戦に勝利。試合後は、中邑の入場テーマ曲を大合唱するファンとともに、リング上で「イヤァオ!」を絶叫した。「大会以前から今日にも劣らない声援をいただいていたので、ある種自信はありました。日本を離れて1年、NXTで培って、自分自身で持っているものを見せられたかなと思います」とコメントした。

■中邑真輔 メーンでタッグ戦勝利
前日21日(日本時間22日)にスマックダウン公式デビュー戦勝利を挙げた中邑真輔(37)が、新日本プロレスでライバル関係にあったAJスタイルズと組み、メーンでタッグ戦勝利を飾った。
ジグラー、オーエンズ組と対戦。中邑自らキンシャサ(ボマイェ)でオーエンズを沈め、3カウントを奪取。大観衆が中邑の入場曲を合唱する中、AJスタイルズの腕を握って一緒に両手でバンザイ。元IWGP王者コンビが堂々と勝ち名乗りを受けた。

■中邑真輔、6月マネー権争奪ラダー戦に出場
スマックダウン大会の冒頭で、中邑真輔(37)が6月18日(日本時間19日)のPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」でマネー権争奪ラダー戦に出場すると発表された。
リングに登場したコミッショナーのシェイン・マクマホンからAJスタイルズら出場選手6人のうちの1人として中邑が紹介された。このラダー戦で奪うことになるアタッシュケースにはWWE世界ヘビー級王座に挑戦できる契約書が入っている。
6月18日のPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」は、米ミズーリ州セントルイスのスコットトレード・センターで開催される。

Top