20171204-7

「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展、練馬区立美術館で2018年2月22日から

T-SITEニュース

20世紀フランスという時代と場所の空気を切り取ってきた写真を通して、今日「屋外広告」とよばれる広告芸術が、道行く人々の心を癒し心躍らせ、時に批判され、 ...

 

諏訪二葉高女子排球部卒業生の白葉会50年祝う

長野日報

世紀の歴史を振り返り、さらなる発展に向けて節目を祝った。 茂木薫実行委員長=茅野市=は「短い時間だが、多いに語り合い、笑い合い、楽しいひとときを ...

 

『嘘の木』 フランシス・ハーディング著

読売新聞

本書の主人公は、十九世紀後半の英国に生きる十四歳の少女・フェイスだ。父親は牧師で博物学者。母はヴィクトリア朝社会のエスタブリッシュメントである夫の 

 

テレビ界から消えた「キラキラ光る」才能を持った作り手たち

ニコニコニュース

20世紀から21世紀に変わる頃、テレビのエンターテインメントの現場にはキラキラ光る才能の持ち主がいた。出演者のことではない。ディレクターや ...

 

平和9:20世紀の初め、世界は白人のものだった

武田邦彦 (中部大学)

2017年12月03日. 平和9:20世紀の初め、世界は白人のものだった. 「○○ 歴史・倫理・日本」カテゴリの最新記事. 日本には共通した道徳は必要ないのか? 事実02:原発を運転している理由 · 平和8:紙一重で子供が悲惨な思いに · 事実01:非武装中立とは何だったのか? 平和7:第一回整理と分類 · トランプ、山下奉文、 ...

 

過労の現代人よ、「休日増」を勝ちとった江戸の若者たちをご存知か

現代ビジネス

17世紀後半から18世紀初めの農民の休日は、田植えや稲刈など農休みなどに、正月・小正月・盆・五節句・神社の祭礼などを加えると、年間20日前後程であった ...

 

道元「須らく道心を運らして…」

読売新聞

道元がよりどころとしたのは、12世紀初め、宋代における禅宗寺院の修行僧の生活規範をまとめた「 禅苑清規 ( ぜんねんしんぎ ) 」で、そこからの引用である。

 

戦国犬ストラップ販売へ 高知県立歴民館が岡豊城跡出土品を再現

高知新聞

ペットや狩猟用に飼育されていた犬をかたどった犬形土製品は16世紀の遺物で、全国で出土。岡豊城跡の土製品も、城主の長宗我部氏が活躍した時期のものだ ..

 

杉だるでうまさ一段と 飛騨特産漬け込み

毎日新聞

同社は約半世紀の間、この製法を続けている。 作業場では、担当の都竹敏さん(67)が慣れた手付きで、杉だるに入った赤カブに、米ぬかと唐辛子を混ぜたモンゴル産の岩塩を振りまき、味付けしている。「今年はカブが不作で小ぶりの物が多いが、おいしい丸漬けができそうだ」と都竹さん。16個の杉だるに計約15トンの赤カブ ...

 

近代に花開いたパリジェンヌの姿にせまる展覧会「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」

ozmall.co.jp

18世紀から20世紀にかけて、流行を生み出すファッショニスタや画家のミューズ、女流画家や女優など、その時代を象徴するような女性たちが生きたパリ。その多様な生き方は今なお、私たちの憧れ! そんなパリジェンヌたちにスポットを当てた展覧会が、世田谷美術館で開催される。アートやファッションの世界を華やかに彩っ ...

巴里味

 

 

Top