20171203-12

世界遺産アンコール遺跡群観光

ベトカン王

誰もが一度は見てみたい場所のひとつ、「カンボジア・アンコール遺跡群」。初めてアンコール遺跡観光をされる方に、限られた旅行期間でご満足頂けるように観光日程を組みました。

 

遺跡ひろば

十日町市

関連リンク(PC). 十日町市博物館>常設展示>郷土植物園と遺跡ひろば 外部リンク. この記事に関するお問い合わせ先: 教育委員会 文化スポーツ部 博物館 所在地:〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目382番地1 直通電話番号:025-757-5531 ファックス番号:025-757-6998 メールでのお問い合わせはこちら · 博物館.

 

アユタヤ遺跡散歩 世界遺産アユタヤ歴史公園

びー旅

12月なのにアユタヤの今の気温32℃。扇風機回してギリ快適環境。でかい窓が部屋の片面にあるので独房感はない。宿自体がすいているので静か。さっき宿から徒歩20分ほどで行けるアユタヤ遺跡に散歩に行ってきた.

 

駿府城(静岡県)・・・いま、発掘調査が熱い

わたしの城めぐり - FC2

中堀と石垣はあるものの長いこと城址とは関係のないただの「駿府公園」として存在し、 平成に入ってから本丸堀の発掘調査や櫓、門の復元がされ、「駿府城公園」と改名され、ようやく城らしくなってきたかなというのがここ10数年のことです。 ですから百名城に選定されているにも関わらずいまだ市の文化財指定さえないんです ...

 

日露戦争の戦費調達に高橋是清が奔走

株式会社新潮社 フォーサイト編集部

日露戦争は、1904(明治37)年2月8日に開戦し、1905(明治38)年9月5日に終わった。この戦費は、どのくらいだったか? アジア歴史資料センターの『日露戦争史』によると、約20億円。1905年度の日本の政府歳入が約4億円だったので、その5年分だ。 資料によって数字には若干の差がある。富田俊基『国債の歴史』(東洋 ...

 

100年前の“市”生き生きと 初代市長あいさつ、懇親会、パレード… /福岡

毎日新聞

資料としての提供と2年後の式典での上映などを相談し、今年4月に了承された。 1933年に市役所が火災に遭ったこともあって「市制施行当時の資料は全然なかった」という山田室長。「きちんと今まで保存されていたのは驚きだ。100周年を迎えている市はほかにもあるが、当時の映像が残っているところはそんなにないの ...

 

創立100周年のベトナム国家図書館、1等労働勲章を受章

日刊ベトナムニュース

同図書館は1917年11月29日に設立され、資料を収集、保管し、国内外の研究者の利用に供してきた。 ... 同図書館に収蔵されている貴重な資料には、◇漢字とチュノム(漢字を応用して作られた独自の文字)を交ぜ書きしたハンノム文書(5280点)、◇インドシナ文書(6万8500点)、◇1946~1954年の第一次インドシナ戦争時代 ...

 

【福井】芭蕉、敦賀に刻む足跡 市立博物館で資料

中日旅行ナビ ぶらっ人

江戸時代に敦賀を訪れた俳聖・松尾芭蕉に関する資料を集めたテーマ展「おくのほそ道と俳諧関係資料展」が敦賀市立博物館で開かれ、芭蕉が敦賀の宿泊先に残したとされる竹杖(市指定文化財)など約20点が並んでいる。12月6日まで。 芭蕉は1689年、紀行文「奥の細道」の旅で敦賀に4日間滞在し、気比神宮や色ケ浜 ...

 

日本列島は「埋蔵金の宝庫」だ(3)「土を掘るより資料を掘れ」

アサ芸プラス

一つは『土を掘るより資料を掘れ』。やみくもに地面を掘っても発見できる可能性は低いということ。第二に『不動のものを探せ』。埋めた人は必ず何か目印を考えたはず。三番目は『歴史上の有名人が探した財宝は脈がある』。信憑性が高く、狙っていい。四番目は『そんなに深い所に財宝はない』。昔の技術で埋めたのだから、 ...

 

富士見町の戦没者後世に 名取さんが調査

長野日報

富士見町原の茶屋在住の元小学校長名取昇一さん(90)は、日中戦争(1937年~)、第2次世界大戦で犠牲となった町内出身兵士の戦死地と没年を調べ、まとめる作業に取り組んでいる。現存の戦没者台帳や遺族会名簿など資料に記載がない人も多く、町内の墓地を訪ね歩いて墓標を一つ一つ調べ、7年がかりで情報を集め ...

 

芭蕉の句を通して 義仲、実盛身近に 山中温泉で資料展示

中日新聞

芭蕉が義仲に思いをはせて詠んだ句が入る俳諧集「泊船集」や実盛のかぶとについて詠んだ「むざんやな 甲(かぶと)の下の きりぎりす」を収録する俳諧集「猿蓑(さるみの)」などの資料十点を展示。倶利伽羅(くりから)峠の戦いを描いた浮世絵や実盛のかぶとのレプリカも並んでいる。 展示資料は芭蕉を通して県内にゆかりの ...

 

 

 

 

Top