20171129-14

成田山「醫王殿」完成祝う

読売新聞

成田市の成田山新勝寺で、息災延命をもたらすとされる薬師如来( 大醫王 ( だいいおう ) 如来)を本尊とするお堂「醫王殿」の完成を祝う入落慶大法会が28日、 ...

 

第20回 「彦根城」~徳川四天王・井伊家の登り石垣など実践的縄張りも。

ニコニコニュース

関ヶ原の戦いの功績で、徳川四天王の一人、井伊直政は石田三成の旧領だった佐和山に入城した後没し、世子の直継が彦根山に築城したのが、今の彦根城。直政の養母として伝わっているのが、今放映中の大河ドラマの井伊直虎です。 彦根城の築城は天下普請で開始され、この時、大阪には豊臣秀頼がいたため、 ...

 

霧の松本 ぼんやりと 県内、冷え込んだ朝

信濃毎日新聞

霧に包まれた松本。観光客が写真に収めていた=28日午前8時44分、松本市. 県内は28日朝、放射冷却の影響で冷え込み、広い範囲で霧が発生した。長野地方気象台は全域で濃霧注意報を発表。松本市の松本公園も濃い霧に包まれ、ぼんやりと浮かぶ天守のシルエットを、海外から訪れた観光客が盛んにカメラに ...

 

ピックアップ 「イラストで丸わかり!日本の名城」ほか

毎日新聞

犬山や姫路城など、現存する天守閣は12。その全てをイラスト、透視図や側面図などで詳細に紹介する。地形図も多数。安土や江戸城など、歴史が転換する舞台となったも。それぞれの特徴を見比べるのが楽しい。石垣や堀、土塁など近世城郭の基本的な構成も分かる。さらに弥生時代にまでさかのぼり、の変遷を ...

 

城郭研究家・西股総生の【 戦国の・ネコの巻 】

歴人マガジン

戦国のの極意をライトにお伝えする、今回の「ネコの巻」は今年、日本城郭協会によって続日本100名城に選ばれたの中から、僕のオススメを紹介してみま ...

 

豊臣秀吉の痕跡を探す大阪の旅

日刊ゲンダイ

大阪に新名所が誕生した。先月、本丸広場に「MIRAIZA OSAKA―JO(ミライザ大阪)」がオープン。歴史的建造物「旧第四師団司令部庁舎(元大阪市立 ...

 

2017 現存天守12を訪ねる旅【Ⅰ】 (1)丸亀

フォートラベル

先の愛媛・高知の旅で、「現存天守」恥ずかしながら初めて知りました。 旅をしていると新しい発見が出来るのがこの年になっても楽しみです。 次の目標ができたので風景印を収集しながら、早速挑戦することにしました。 「現存天守」は12、そのうち四国には4もあるんですね。 丸亀を訪ね、またまた四国に来ることになり ...

 

大垣御朱印の売上で熊本を支援 郡上八幡と連携

中日新聞

大垣市郭町の大垣が来記念証として発行している「御朱印」が好評だ。売り上げの一部は昨春の熊本地震で被害を受けた熊本の復興支援に充てる。大垣ゆかりの石田三成は熊本を築いた加藤清正と敵対していたことで知られるが、関ケ原の合戦から四百年余りを経て、大垣から熊本へ支援が届けられる。

権力味

 

晩秋の絶景 越前大野城

中日新聞

雲の上の「天空のとして人気を集めている福井県大野市の越前大野城が28日朝、雲海に浮かび上がり、幻想的な風景がみられた。 雲海は昼夜の温度差が大きい早朝に見 ... 午前6時すぎ、東の空や白山、経ケ岳が朝日に照らされて赤く染まり始めると、のシルエットが浮かんだ。約1時間後、朝日が当たり始めると覆っ ...

 

武田は「長篠」

Togetter

高天神は元亀二年(1571)は武田信玄も落とせなかった堅牢なだったが、 ... おんな城主直虎 高天神は最終的に力攻めになりますが、城主・岡部元信は ...

 

松阪生原酒を発売 家老六人衆、来月9日から 三重

47NEWS

【松阪】三重県松阪市内の酒販店でつくる「家老六人衆」は12月9日から、日本酒「松阪しぼりたて生原酒」を発売する。仕込みタンクから無ろ過のまま瓶詰めし、フルーティーな香りとまろやかな味わいが特長。 家老六人衆は平成8年に結成し、現在は五店舗でつくる。多気郡大台町柳原の元坂酒造で11月上旬から仕込み、1…

 

西南戦争ガイド本好評、表紙イラスト話題…田原坂資料館

読売新聞

創刊号には田原坂、熊本など熊本ゆかりの戦跡や、当時の兵器・軍装を掲載。日本赤十字社の基となった「博愛社」も説明している。 第2号は同資料館を特集。

 

 

 

 

Top