20171128-14

瀧本美織が初めての男役メイクした顔を公開、越路吹雪を演じる

エキサイトニュース

瀧本は、「想像を巡らせることしかできないけれど、本当に大変な時代。自分に正直に生きることは許されなかった時代昭和という激動の時代を明るくたくましく生きていくコーちゃん達の姿に、私自身も励まされています」と、役を演じてみての感想を述べている。 越路の青年期を演じる瀧本は、越路が13歳の少女から大人に ...

 

県が発行、歴史に焦点観光パンフ 県内15カ所紹介、無料配布

東京新聞

神奈川の歴史をテーマにした観光をPRするため、県は戦国時代情緒が感じられる小田原市や、幕末に薩英戦争(一八六三年)の原因になった生麦事件の舞台 

 

カエデのトンネル、鮮やかに色付く 京都・興聖寺

京都新聞

紅葉の名所として知られる京都府宇治市宇治の興聖寺で、山門前の参道「琴坂」のカエデが色付き始めた。参拝者らは、広がる木々のトンネルの下、散策を楽しんでいる。 琴坂は約200メートルにわたって両側をカエデに囲まれ、山門近くは赤やオレンジに染まり始めた。訪れた家族連れらが、カメラやスマートフォンを向けて ...

 

ほのかな甘み、特産のヤマイモ出荷進む 滋賀・愛荘

京都新聞

大正時代末期に、思想家の柳宗悦を中心に提唱された民藝運動。 ... 日展は、明治40年に第1回文部省美術展覧会(文展)を開催したのを礎とし、以降時代の流れ.

 

幕末・維新の女性像語る 大石教授、鹿児島大で講演

読売新聞

NHK大河ドラマ「西郷どん」の時代考証を担当している東京学芸大の大石学教授が26日、鹿児島大で「女性たちの幕末維新」と題して講演した。「当時から好きな 

 

書窓/西日本高速道路社長・石塚由成氏「先人の知恵得た『陸奥宗光とその時代』」

日刊工業新聞

大学卒業後から現在まで、経済関連本からサラリーマン小説、時代小説、洋書までと多様なジャンルに関心を持ってきた。経済の浮き沈みを目の当たりにしてきたので、特に時代... (残り:918文字/本文:998文字). (2017/11/27 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

 

かつてこんな遺跡が! 発掘調査の成果紹介 来年3月22日まで、県埋文センター /富山

毎日新聞

同展は、太閤山ランド(射水市)、県総合運動公園(富山市)、新高岡駅(高岡市)などの発掘調査で出土した遺物を紹介する「こんな施設の下に遺跡があった」▽縄文時代、北陸産のヒスイが全国に流通していたことを証明した境A遺跡(朝日町)など「日本の歴史に影響を与えた私たちの40年の調査成果」▽発掘調査そのものを ..

 

日本で唯一の広告ミュージアム「アド・ミュージアム東京」が15周年を機に、12月1日にリニューアルオープン

ジャパンデザインネット

江戸時代から現代まで約30万点の収蔵資料を誇り、ライブラリーでは、広告とマーケティングの関連書籍の閲覧、広告作品のデジタルアーカイブを検索・閲覧する ...

 

幻の温泉寺 復活へ序曲

読売新聞

地元で受け継がれず、古い資料からの再現は難航したが、伝統芸能の継承に何とかめどが立った。メンバーらは「城崎の謡曲として普及させたい」と意気込んで .

 

障害者教育山尾庸三の功績 萩で企画展

読売新聞

萩市の萩博物館で開催中の企画展「日本の工学の父 山尾庸三」は、山尾(1837~1917年)が視聴覚障害者教育の草創期に貢献したことをうかがわせる初公開資料も並ぶ。知られざる一面に光を当てた展示内容に、聴覚障害者や関係者からも大きな反響が寄せられている。(大石健一). 山尾は明治維新で活躍した「長州 ...

 

 

 

Top