死が迫った妻が夫に語った秘密

マーガレット

 

先日、俺の叔父さんが下校する娘を迎えに行く途中、ふと花屋に立ち寄り、マーガレットを見て亡くなった奥さんのことを思い出したそうだ。

 

これは、叔父さんの若い頃の思い出話。

奥さんとの不思議な出会い

小学校の七夕の時、下校中に印象的で綺麗な女の人を見かけた。

 

大学生になった時、当時の彼女とのデート中に、またその女の人を見かけた。

 

就職した時も、通り雨を避けるために入った店で、その女性に出会った。

 

その時、子供の頃から密かに思いを募らせていた叔父さんは、思い切って彼女に交際を申し込んだそうだ。

 

そして二人は結婚した。

 

そんな不思議な出会いだったわけだが、夫婦生活の中でもおかしなことが何度かあったらしい。

 

忘れ物を取りに家へ戻ると、今出たばかりなのに妻がいない。

 

捜してみると、さっきはいなかったはずの場所にいる。

 

しかも、マーガレットを手に持って。

 

こうやってふと消えることがたまにあった。

 

叔母さん(以下、涼子さん)は、人差し指と中指を重ね合わせるのが好きだったらしい。(欧米でいうところの『幸運を祈る』の表現と同じ)

 

涼子さんいわく、「こうしていると、私(人差し指)があなた(中指)に抱かれているように見える」という理由で。

 

それはさておき、しばらく経って俺が生まれた頃くらいに、涼子さんはガンにおかされた。

 

仕事が忙しかったが、それでも叔父さんは涼子さんの死に目になんとか間にあった。

 

自分の最期が薄々わかっていたらしく、涼子さんは自分の秘密を話し始めたそうだ。

 

「私はね、時を越えることが出来るの。私は将来自分の夫になるあなたを子供の時から見ていたのよ」みたいなことを言い、叔父さんは「じゃあ、俺の未来も見に行ったのか?」と聞き返した。

 

すると、涼子さんは「一度だけね」と言ったそうだ。

 

そんな話をしているうちに、涼子さんは亡くなった。

 

叔父さんは悲しみに暮れたけれど、それでもその後、娘を立派に育てあげた。

 

「あの時、涼子はあんなことを言ったが、本当に面白い話だった」

 

そんなことを思い出しながらマーガレットを見つめていたら、その瞬間、叔父さんの頭の中で全てが繋がったらしい。

 

まだ涼子さんがが生きていた頃、手にしていたマーガレットは・・・。

 

背後に亡くなった妻がいることを確信し、叔父さんは振り返ってみた。

 

すると、車道を挟んだそこに涼子さんがいた。

 

人差し指と中指を重ね合わせて。

 

手にしたマーガレットを差し出す叔父さん。

 

目から涙があふれ出てきたそうだ。

 

叔父さんは目を潤ませながら俺にそんな話をしてきた。

 

※マーガレットの花言葉

心に秘めた愛。

 

(終)

Top