20171112-11

11月11日は「長岡京遷都記念日」 京都で祝福行事

京都新聞

その後、市民らが絵を描いた灯籠約80個が朝堂院の柱に並べられ、夕闇に浮かぶ幻想的な光を見つめながら、参加者はいにしえの都をしのんだ。

藤原種継[1][2]

 

県内の古墳変遷、専門家ひもとく

山梨日日新聞

山梨郷土研究会企画運営委員長の萩原三雄さんが「現地講座・武田氏館」をテーマに行う。問い合わせは山梨文化学園、電話055(231)3090。

 

大河ドラマ 西郷どん【武家屋敷と野屋敷】聖地巡礼に行こう!

NHK大河ドラマNAVIGATION ~感想と視聴率

2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主人公西郷隆盛。鹿児島市内に残る隆盛の屋敷は鹿児島中央駅から徒歩10分のところにある「武屋敷」と鹿児島 ...

 

朝鮮人虐殺解説 英訳パネル変更 「容赦なく惨殺」→「暴行・殺傷した」

東京新聞

東京都復興記念(墨田区)に展示された関東大震災での朝鮮人虐殺を解説する日本文の英訳パネルが変更され、日本語の原文になかった「容赦なく惨殺され ...

 

世界観紹介 自筆原稿、資料250点 没後20年、姫路文学で特別展 来月10日まで /兵庫

毎日新聞

姫路文学学芸課の玉田克宏課長は「司馬遼太郎は未来へのメッセージとなるエッセンスを歴史から取り出すことが非常にうまかった。歴史の面白さを改めて感じ ...

 

民権家の精神世界触れて 漢詩や和歌など80点展示 町田 /東京

毎日新聞

特別展では細野が作った漢詩のほか、書簡を貼り合わせて自らデザインした書斎のふすま、村長としての苦労をつづった草稿を紹介。当時の文房具や、印刷に ...

 

藤田嗣治の書簡179通などを寄贈 13日、平野美術財団に

秋田魁新報

パリを拠点に活躍した洋画家藤田嗣治(1886~1968年)が1910年代、日本に残した妻鴇田(ときた)とみ(1886~1932年)に送った書簡179通などの資料 ...

 

立山弟四郎、生誕150年 十和田図書館、ゆかりの品展示

秋田魁新報

秋田県鹿角市立十和田図書館の前身「立山文庫」を創設した立山弟四郎(1867~1937年)の生誕150周年記念展が、同図書館で開かれている。写真や書簡、 ...

 

歴史感じて 晋作書簡など50点展示 松陰神社至誠館 /山口

毎日新聞

吉田松陰による開設160年を迎えた松下村塾の歴史をたどる企画展「松下村塾の教えと新時代へのあゆみ-松門の英傑 高杉晋作」が、松陰神社至誠館(萩市 ...

高杉晋作

 

『巨人の星』第一話

親父たちの往復書簡 - FC2

ネットにアップされていたアニメ『巨人の星』第一話を見た。 あらゆる第一話の中で視聴者を引き込むことにおいてこれ以上のものはちょっと思いつかない。 1957年 ..

 

 

 

 

 

Top