20171112-13

描き続けた映画看板 盛岡、絵師の小笠原さん死去

岩手日報

盛岡市の映画文化を陰から支えてきた小笠原正治(しょうじ)さん=同市緑が丘=が24日午後4時40分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため83歳で亡くなった。半世紀 ...

 

「米国の新聞王」と呼ばれたジョセフ・ピュリツァ…

琉球新報

米国の新聞王」と呼ばれたジョセフ・ピュリツァーは19世紀後半不正や腐敗の追及など権力批判にこだわり大衆紙を全米一にさせた。ライバル紙との激しい競争 ..

 

【世界遺産旅行講座】ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三大聖地 エルサレムの旧市街とその城壁

ZAKZAK

エルサレムはダビデ王によって紀元前11世紀頃に建国された、ユダヤ人による古代イスラエル王国の都でしたが、彼らユダヤ人は紀元前5世紀にこの地を追 ...

 

ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】

ORICON NEWS

数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日 ...

 

「自転車」の歴史と可能性を探る『自転車の世紀』展、『弱虫ペダル』も

CINRA.NET(シンラドットネット)

企画展『自転車の世紀』が、12月17日まで千葉・佐倉市美術館で開催されている。 12月17日まで開催される同展では、自転車の誕生から未来への可能性を紹介 ...

 

19世紀宝飾品前で人形撮影 伊東アンティーク・ジュエリー

伊豆新聞

19世紀の欧州の貴族社会の華やかな雰囲気がある館内で、お気に入りのドールとの楽しいひとときを過ごしてもらおうと企画した。参加者たちは、宝石やドレス ...

 

編集委員・久保田るり子が読む『韓国は消滅への道にある』李度ヒョン著 激高する民族性を冷静考察

産経ニュース

嫌韓本のたぐいではない。著者の李度○(イ・ドヒョン)氏は韓国保守言論界の重鎮であり、本書はジャーナリズム半世紀経た反骨と憂国の書といえる。 李氏は ...

 

錬金術が学問になる?ノーベル賞を受賞した重力波検出の裏舞台で

ニフティニュース

紀元前の中東での蒸留の発明、8世紀頃の中東での硝酸の生成、唐の時代の火薬の発明などである。またマイセン磁器の透けるような白は、錬金術を応用して、 ...

 

現代と過去が交差する、クロアチアの首都・ザグレブで訪れたい観光スポット7選

エキサイトニュース

13世紀から18世紀にかけて建設された、ザグレブを代表する教会。町のあちこちから見える、高さ100メートルを超えるという2本の尖塔が印象的です。現在の姿 .

 

田中角栄と2人でたき火…感じた「磁力」 『近影遠影 あの日あの人』高橋一清著

産経ニュース

文芸春秋で雑誌編集や、芥川賞・直木賞の運営などにも携わり、出版ジャーナリズムに半世紀身を置いた著者が、出会った著名人ら100人以上との交遊、教え ...

 

海中鳥居(太良町)下石動天満宮(吉野ヶ里町)県遺産に答申

佐賀新聞

佐賀県美しい景観づくり審議会(大森洋子会長、14人)は、「22世紀に残す佐賀県遺産」に大魚神社の海中鳥居(藤津郡太良町)と鎮守の杜下石動(しもいしなり) ...

 

日本のハロウィンは、クリスマスから脱落した日本人の補完計画だ!

現代ビジネス

ハロウィンのひとつのルーツは、キリスト教が世界を覆う以前(4世紀より前)の古代の祭りにあるようだ。秋の祭りである。 そのあと、キリスト教がヨーロッパ世界(も ...

 

「えっちゃん姉さん、辞めないで」 商売助け合い48年 農連市場とともに“卒業”

沖縄タイムス

夫婦二人三脚で始め、半世紀近く通い続けた市場の魅力を「チュイシージー(助け合い)」と語り、「農連市場にはとにかくウチナーンチュの心がある。助け合ってき ...

 

イギリス人が京都で「ジン」をつくり、母国に輸出する理由

Newsweekjapan

18世紀の画家ウィリアム・ホガースは、ジンに飲まれたロンドンの貧しい人々の姿を描いた。辛口のドライマティーニ(ジンとベルモットのカクテル)を好んだ ...

 

 

 

 

 

 

Top