【会津若松】戊辰戦争関連の資料展示 12月まで会津若松・会津新選組記念館で特別展(福島民友新聞・2017/9/22)

【会津若松】戊辰戦争関連の資料展示 12月まで会津若松・会津新選組記念館で特別展(福島民友新聞・2017/9/22)


戊辰150年や会津まつりをPRしようと、会津若松市七日町の「会津新選組記念館」(高橋一美代表)は、同館で特別展「八重の桜と戊辰戦争」を始めた。

会津が舞台の大河ドラマ「八重の桜」で使用した銃など貴重な品々を紹介している。12月27日まで。

高橋代表は大河ドラマ撮影時、鉄砲指導を務め、同館所蔵の銃も提供した。

展示では主役の綾瀬はるかさんが使用したスペンサー7連発騎兵銃やその弾薬箱、数種類の銃などが並ぶ。

大河ドラマの小道具や台本、綾瀬さんデザインの特製Tシャツなどもある。

時間は午前10時から午後5時ごろまで。不定休。
入館料は高校生以上300円、小・中学生200円。
問い合わせは同館(電話0242・22・3049)へ。

大河ドラマ 八重の桜 総集編 [DVD]
綾瀬はるか
NHKエンタープライズ
2014-05-23


Top