山中で聞こえた声につられて 2/2

山小屋

前回までの話はこちら

扉に手をかける。

 

クイッと押すと、メキメキッと埃をボロボロ落としながら扉が開いた。

 

中を覗き込むと、人がいた。

 

こちらに背中を向けて、部屋の中心に立っている。

 

女だ。

 

着物なのだろうが、まるでボロボロの白い布切れを纏ったような服装で、髪はボサボサで腰辺りまで伸びた白髪混じりの黒髪。

 

破れた着物の隙間から見える手足は、恐ろしいほどやせ細っていた。

 

その足元には、犬か狸か、動物の死骸が転がっていた。

 

まだ新しいのか、流れた赤黒い血が床を濡らしている。

 

「・・・・・ッテー・・・テー・・カー・・・ョー・・・」

 

その女は、何かぼそぼそと呟いていた。

 

歌だろうか。

 

聞き取れないが、一定のテンポを感じる。

 

ああ、これはダメだ。

 

現実離れした光景を見ながら、俺は妙に冷静にそう思った。

 

見てはいけないものを見た。

 

関わってはならないものだ、逃げよう。

 

俺が一歩後ずさると女がグラッと揺れて、顔を左右に振り始めた。

 

ブルブル!

 

ブルブル!

 

ブンブンブンブン・・・!

 

振り幅が段々と大きくなり、長い黒髪が大きく振り回される。

 

「テーテーシャーィカーョー」

 

何を言ってるのかさっぱり分からないが、とにかく異常だった。

 

俺は逃げた。

 

全力で来た道を走る。

 

多分この時、俺は無表情だったと思う。

 

全ての感情を凍らせて、何も考えずに逃げる。

 

少しでも何か考えれば、悲鳴一つでも上げれば、正気と恐慌の拮抗が崩壊してしまうと思った。

 

パニックに陥るのを阻止するための本能だったのかもしれない。

 

藪を掻き分けて、元の登山コースに転がり出る。

 

そこで呼吸を整えながら来た道を振り返ると、20メートルほど離れた藪の中から黒い頭が出ているのが見えた。

 

「ーーーーー」

 

俺は硬直した。

 

頭しか見えないが、あの白髪混じりの黒髪は、さっきのあいつだ。

 

動かずに立ち止まっているようだが、追って来ている?!

 

すぐに一目散に逃げた。

 

登山道をひたすら駆け下りていく。

 

走りながら、首だけで後ろを見る。

 

登山道の横の木の陰に、白い着物が見えた。

 

さっきよりも近くにいる!

 

また走る。

 

走る、走る、振り返る。

 

木の陰に白い着物。

 

さっきよりも、さらに近い!

 

「ううううう・・・」と、恐怖で呻き声が漏れた。

 

“だるまさんが転んだ”を連想してもらえば分かり易いだろうか。

 

走りながら後ろを振り返ると、さっき振り返った時より近い位置に立っている。

 

全力で逃げているのに、振り返った時、そいつは今まで走っていた素振りもなく、さっきよりも近い位置に立っているのだ。

 

もうすぐ麓の民家がある集落へ出る。

 

また振り返ると、自分から3メートルくらいの位置に立っていた!

 

一瞬だが、女の顔が見えた。

 

目元はベッタリと張り付いた髪で隠れていて、口がモゴモゴと動いていた。

 

前を向いて走る、走る。

 

もう振り返る勇気は無かった。

 

次に振り向いたら、俺の背中ピッタリのところにいるんじゃないか・・・。

 

ゼヒュッゼヒュッと呼吸困難寸前になりながら集落へ。

 

最初に目に付いた家に飛び込み、呼び鈴を狂ったように押し続けた。

 

「誰か!誰かー!!」

 

俺が騒いでいると、家の中からお婆さんが出てきた。

 

「なんだいな。どがぁしただ?」

 

俺の様子を見て、驚くお婆さん。

 

そりゃそうだろう、いきなり大の男が息を切らしてやって来たら。

 

「すみません、あの、俺の後ろ、何かありませんか?」

 

「なんもあらあせんがな」

 

言われて恐る恐る振り向くと、確かにあの女の姿は無かった。

 

これが俺のした恐怖体験。

 

クラブの仲間に相談しようかと思ったが、誰かに話すのも怖くてやめておいた。

 

予定していた○○さんでのイベントも、俺は参加を拒否した。

 

(終)

Top