20171009-15

あれ、意外と忘れてる!「昭和」にまつわる5つのクイズ

インフォシーク

日本最古の特撮ヒーロー。ここから男の子たちの夢が始まったといっても過言ではありませんね。当時、これをまねて、風呂敷をマントに見立て、屋根から飛び降り ...

 

ヨーロッパ最古の大学が世界遺産に登録されている町、コインブラ 2017ポルトガル旅行記

楽天ブログ - 楽天市場

(2017年8月6日撮影) アンブレラ・スカイ・プロジェクトの町からヨーロッパ最古の大学のあるポルトガル第三の都市コインブラへ、バス移動・・・ 町おこしが必要 ...

 

布団だんじり練り歩く 三田・住吉神社で秋祭り

神戸新聞

同神社には、約700年前に建てられたとされる市内最古の本殿が残る。秋祭りは五穀豊穣を祈って行われ、かつては氏子40人以上が境内で担いでいたという。

 

焼津、藤枝→奈良・薬師寺 「煮堅魚」古代の納税を再現

@S[アットエス] by 静岡新聞

奈良時代の都平城京では、益頭郡や志太郡(現在の焼津、藤枝市など)から「堅魚」が献納されたとする木簡が出土している。今回は「奈良に届けるという当時の ...

 

古代エジプトの新たな謎「去勢されたミイラ」が示す驚愕の事実

Forbes JAPAN

美術館はミイラを譲り受けた当時、これがアロンマ寺院の遺跡から出土したミイラで、Babatという名の女性歌手のものであると説明されていたという。

 

癒やしの食堂、半世紀で別れ

47NEWS

広島市中区袋町で50年続いた「こがね食堂」が、11月10日に閉店する。店主やおかみさんたちの人柄、ほっとする家庭料理などが愛されたが、高齢化を理由に ...

 

世界に君臨するワイン界の帝王「ロマネ・コンティ」 ~ 解説:ブルゴーニュ名門ワイナリー

ワインバザールニュース

16世紀まで、ロマネ・コンティの区画は「クルー・デ・サンク・ジュルノー」と呼ばれていた。その後、17世紀には、この区画から採れるぶどうは非常に良質である ...

 

“日本一食べにくい”のに愛されすぎ!「よいとまけ」はハスカップたっぷりの北海道名菓

えん食べ

1953年に発売されて以来、半世紀以上も愛され続けている北海道・苫小牧の名菓「よいとまけ」。“日本一食べにくい”お菓子なのに、ハマる人が続出しているもよう ..

 

三育幼稚園、歴史に幕 盛岡、園児数が減少

岩手日報

同園は15日、卒園者を招き、半世紀以上見守ってきた地域住民への感謝も込めて「三育同窓祭」を開く。開園以降の写真展示、食バザーやゲームコーナーを用意 ...

 

中村獅童「よく間違えられる」TOKIO松岡昌宏と5年ぶり共演 豪華キャスト揃う<江戸は燃えているか>

モデルプレス

題材は歴史に名高い「江戸城明け渡し」。主人公は、大河ドラマには絶対出て来ない、なっさけない勝海舟。新橋演舞場史上、最高に笑える作品になるはず。

 

岩倉遣欧米使節団より先に派遣されていた使節団 『世界を見た幕臣たち 幕末遣外使節団の軌跡』榎本秋著

産経ニュース

... 掘り起こし、人や出来事が後に与えた影響も考察。帰国後の動向も詳しい巻末の「使節・随員主要者一覧」は読み応えがある。(洋泉社歴史新書・950円+税) ...

 

「勝海舟」主役・渡哲也と脚本家・倉本聰の降板劇の真相 丘みつ子さん語る

AERA dot.

1967(昭和42)年に最晩年の子母澤と対談した司馬遼太郎は「幕末よもやま」(『二十世紀末の闇と光―司馬遼太郎歴史歓談<2>』所載)のなかで、20歳くらいの ..

 

林業の歴史伝える展示会 尾鷲

jrt.co.jp

三重県尾鷲市の「県立熊野古道センター」で、スギやヒノキの運搬で使われた道具などを展示し、林業の歴史を伝える企画展「尾鷲林業物語」が開かれている。

 

近代建築巨匠ル・コルビュジエ作ではなかった…歴史に埋もれた女性デザイナーの信念

シネマトゥデイ

なぜ彼女の偉業は歴史の陰に覆い隠されてしまったのか、そして彼女の創作における信念に迫る映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』で、メガホンを ..

 

貴闘力「ちゃんこ」でなく焼き肉を選んだ本質

東洋経済オンライン

歴史は古く、もともと江戸時代の初期に寺町として栄え、その後、町奉行下の与力、同心などの住居が立ち並んだ。現在もオフィス街としての側面を持つ一方、 .

 

仙台平野を治めた豪族が眠る「遠見塚古墳

にゃんと?!また旅

遠見塚古墳(とおみづかこふんは宮城県仙台市にある東北地方では第五位の規模を誇る前方後円墳です。 古墳の構造や出土した副葬品より築造されたのが四 ...

 

西郷隆盛はお腹が弱くトイレに50回も駆け込んだ

ニフティニュース

その証拠に、主君島津斉彬の継嗣が急死して敵対勢力と抗争した1年後の安政2(1855)年、同志に送った書簡には早くも「五十度計も瀉し候」と、50回ほどトイレ ..

 

 

 

Top