ファイガ | ポルトガル | 悪魔の炎「火災旋風」


大規模な山火事が相次ぐポルトガルで、珍しい現象がとらえられた。勢いよく巻き上がる細長い火柱。
これは、炎が竜巻のようになる「火災旋風(かさいせんぷう)」という自然現象で、現地では、「悪魔の炎」とも呼ばれている。ポルトガルでは2017年、干ばつの影響で、大規模な山火事が相次ぎ、60人以上の犠牲者が出て、「ポルトガル史上最悪の自然災害」とされている。

「火災旋風」のメカニズムは、まだ解明されていないが、東日本大震災の際も、宮城・気仙沼市の火災現場で目撃されている。

Top