20171007-11

資源のない「島国日本」が、どうやって「先進国」へ登りつめたのだろうか=中国

ニフティニュース

中国人ネットユーザーたちの議論を見てみると、原油や天然ガスなど、経済活動に重要な資源である化石燃料が国内でほとんど算出しない日本が先進国になれた ...

 

【ざんねんないきもの】オウムガイは足が90本もあるのに歩けない

エキサイトニュース

オウムガイは「生きた化石」といわれ、4億数千万年前の古生代からほとんど姿が変わっていません。 当時は最強の肉食動物だったようですが、現代では魚の ...

 

ホベツアラキリュウ化石 北海道天然記念物に

苫小牧民報

道教委は27日、むかわ町立穂別博物館に収蔵されているクビナガリュウのホベツアラキリュウ化石を道天然記念物(地質鉱物)に指定すると決めた。町内穂別の ...

 

1世紀の時を経てローマにオオカミが戻ってきた。監視カメラでオオカミの家族の姿が確認される

カラパイア

古代ローマの象徴として「カピトリーノのメスオオカミ」がある。 ローマ神話に登場する伝説上の王政ローマ建国の初代王ロームルスは、双子のレウスと共にメス ..

 

『主の変容病院・挑発』 スタニスワフ・レム著

読売新聞

同時収録の架空書評と評論も、あの戦争への、ナチス・ドイツへの、ホロコーストへの、テロリズムへの、そして二一世紀の戦争への思索の深さと洞察の鋭さが光っ ...

 

ギリシャで11世紀の修道院とモザイクを見る旅その4:街なかのビザンティン教会 in アテネ

フォートラベル

ギリシャに世界遺産はたくさんありますが、そのうち、まったく別の場所に建てられた3つの修道院を1セットにした、「ダフニ修道院群、オシオス・ルカス修道院群 ...

 

ユダヤ人とはどんな存在だったのか

AERA dot.

19世紀の反ユダヤ主義的思潮を理解するには、西欧において「ユダヤ人」とは ... この漠然とした憎悪が、19世紀に入ると次第に「政治的」「イデオロギー的」な ...

 

バベルの塔展でタオルはどう? 展覧会物販ひねりが大事

朝日新聞

兵庫県立美術館(神戸市中央区)で10月3日に始まる、16~18世紀の西洋絵画の名品を集めた「大エルミタージュ美術館展」では、美術館があるロシアに ...

 

「ある奴隷少女に起こった出来事」 米の古典に重ねる現代の階層社会 翻訳の堀越ゆきさん

産経ニュース

19世紀に刊行された少女の自伝が再評価されている。ハリエット・アン・ジェイコブズ著『ある奴隷少女に起こった出来事』。1861年に自費出版された当時は ...

 

世界遺産でヘビメタ「寺院壊す」ライブ会場変更

読売新聞

プランバナンは、9世紀頃に建立されたヒンズー教の寺院。2006年のジャワ島中部地震で外壁落下や亀裂などの被害を受け、修復作業が現在も続いている。

 

 

Top