20171007-13

中国の印章を紹介 官吏使用品など160点 寧楽美術館 /奈良

毎日新聞

紀元前5世紀ごろから約1000年の中国の古い印章(ハンコ)など約160点を紹介する「寧楽美術館の印章 方寸にあふれる美」が1日、奈良市水門町の寧楽 ...

 

葛飾北斎を切り口に西洋近代芸術を読み解く展覧会「北斎とジャポニスム」が開催

ROOMIE

19世紀後半に西洋で生まれたジャポニスムという現象、その中で最も影響力があったのが「葛飾北斎」だった。 米「LIFE」誌で“この1000年最も重要な功績を残し ..

 

「国府」の変遷追う 多賀城市埋蔵文化財センターで /宮城

毎日新聞

国特別史跡・多賀城跡(同市市川)にあった古代国府・多賀城は11世紀中ごろに機能を失い、源頼朝の奥州制覇以降、武家が支配する陸奥国府の「多賀国府」と ...

 

あの激闘から20年…高田延彦、NHK番組で伝説のヒクソン戦を語る

上毛新聞ニュース

番組では、高田が「世紀の激突」と謳われたあの一戦の心境と、未来の格闘技への思いを告白。貴重な試合映像も使用され、20年経っても色褪せることのない ...

 

ロヒンギャ危機Q&A、スー・チー氏なぜ動かぬ?

ナショナル ジオグラフィック日本版

一方のロヒンギャ側は100年以上前からこの地域に住んでいると主張、なかには8世紀から居住していたと語る人もいる。 「この問題には諸説があり、簡単に決める ...

 

最高峰の美声、女王の貫禄

朝日新聞

世紀のプリマドンナは、よく笑い、よくしゃべる。笑い声さえ、はっとするほど心地いい。ロシア出身で世界最高峰のソプラノ歌手、アンナ・ネトレプコが来阪する。

 

「小説現代」リニューアル休刊 18年秋

毎日新聞

世紀の歴史を持つ小説誌の「小説現代」(講談社)が来秋、リニューアルのため1年半ほど休刊すると3日、発表した。来年9月発売の10月号をもって一旦 ...

 

/288 千手観音菩薩立像 /京都

毎日新聞

衣文の様式などから10世紀前半、寺創建の延長年間ごろの造立ではないかといわれ、腰の部分のくびれや微笑をたたえた表情は神秘的で大変美しい。本面と ...

 

四国巡礼を世界遺産へ、半世紀ぶりに復活した「平等講」

オルタナS

弘法大使空海ゆかりの霊場を巡拝する「四国巡礼」の遍路道をボランティアで整備する「平等講」と呼ばれる住民グループがある。立ち上げたのは、22番目の札所「 ...

 

13世紀の建設方法で中世の城を復元するプロジェクトが壮大すぎる! 20年前に始まり6年後に完成予定

ロケットニュース24

そんな、13世紀当時の建築方法で中世の城を復元するプロジェクトが、「壮大すぎる!」の一言に尽きるので紹介したいと思う。20年前に始まり6年後に完成する ...

 

 

 

 

Top