20170917-10

オペラの20世紀

東京大学

21世紀の現在、オペラは終わってしまったジャンルなのだろうか? 過去のジャンルとして葬り去られるままのものなのだろうか? いやそうではない、「オペラは ...

 

独立100周年記念「フィンランド・デザイン展」が府中市美術館で開催中

ROOMIE

日本の住宅にも合いやすい温かみのあるシンプルな佇まいが人気の北欧デザイン。ROOMIE読者の中にも、インテリアに北欧家具や雑貨を取り入れているという ...

 

カラバッジョを世界で展示 フェンディと美術館が協力

上毛新聞ニュース

... ボルゲーゼ美術館が3年間のパートナーシップ提携を結び、16~17世紀のイタリアの天才画家カラバッジョの研究機関を新設し、カラバッジョ作品を世界で展示 ...

 

新派公演「華岡青洲の妻」 愛と執念、柔らかな紀州弁で 22~30日・大阪松竹座

毎日新聞

19世紀初頭、世界で初めて全身麻酔による手術を成功させた外科医、華岡青洲とその家族のありようを描く劇団新派の舞台「華岡青洲の妻」(有吉佐和子作、 ...

 

番外編 階調、なめらかに印刷 コロタイプ、支える職人技 /京都

毎日新聞

コロタイプは19世紀中ごろにフランスで生まれた印刷技術。日本では明治時代に導入され、美術図書や絵はがきなどの印刷に広く用いられた。昭和30~40年代 ...

 

中国で発見された“富豪のミイラ”が激良好状態すぎる謎! 正体を明かさない当局に不信募る

TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)

中国・湖南省安化(あんか)県で、数世紀前のものと思われる男性のミイラが発見された――。 □リアルな京劇の衣装を身にまとったミイラ 湖南省は馬王堆漢墓( ...

 

五輪開催地 肥大化のひずみあらわ

信濃毎日新聞

ほぼ1世紀ぶりという異例の決定は、五輪の存続に直結する深刻な危機が裏側にある。 それを顕著に示すのが、招致を取りやめる都市が相次いだことだ。24年 ...

 

ショーケン「日本人の心の原点」吉田茂演じる!…NHKドラマ「どこにもない国」

スポーツ報知

バンド「ザ・テンプターズ」のボーカルとして67年に16歳でデビューしてから半世紀を超えたが、現在も歌に演技に精力的。「元気なんで、演技もレコーディングも ..

 

日野皓正事件で思った日本の「ヌルマ湯主義でよか」ー北芝健の視点

BLOGOS

とシツケをした行為は半世紀前のわが国だったら賞を貰うくらい受け入れられていた。この半世紀でモンスターペアレンツが力をつけ、教師は強い言葉さえも発する ...

 

ノムさん、U-18W杯で不振の広陵・中村奨成に変わらぬ高評価「遠くへ飛ばすのは天性だ」

サンケイスポーツ

戦前・戦中から21世紀までの野球人が、野村克也と関わっている。プロ野球の歴史とともに生き、野球を言葉で表現してきたノムさんは、いまもなお、中村奨成を ...

 

熊本県天草市 小集落に寺、神社、教会が共存

産経ニュース

まずは集落全体を見渡そうと17世紀創建とされる崎津諏訪神社へ。 ここからは鳥居越しに教会の尖塔(せんとう)が見えます。日本の伝統宗教と潜伏キリシタンの ...

 

 

 

 

Top