一人で留守番をしていると

呼鈴

 

私の祖父は保護司をしていた。

 

その為、祖父のお世話になった人達が保護者などを伴って、時々挨拶に訪れる事もあった。

 

私が中学生の時、祖父は亡くなった。

 

祖父が亡くなってからしばらくしたある日、私が家で一人留守番をしていると、高校生くらいの男子二人が家にやって来た。

二人の様子がおかしかった

一人は髪を染めてちょっとヤンチャしてます~という感じの少年Aで、もう一人は少し大人しそうな雰囲気の少年B。

 

「自分たちは以前、○○さん(祖父)の世話になった事がある者です。○○さんのお仏壇にお線香を捧げたいのですが」

 

私はわざわざ祖父を訪ねて来てくれる人がいた事に感激し、深く考える事もなく、その二人を家に上げてしまった。

 

しかし、少年達の態度はどこか変だった。

 

少年Aが、私の顔や体を食い入る様に見つめてくる。

 

少年Bの方は、家の中の様子を伺うようにキョロキョロしている。

 

仏間に案内し、ロウソクや線香の準備をしながら、私は何か妙な違和感を感じ始めていた。

 

焼香を済ませると、二人はやたら馴れ馴れしく私に話しかけてきた。

 

「君かわいいね。何歳?××中学に通ってるの?高校はドコに行くの?彼氏は?彼氏いるの?デートしてみたいとか思った事ある?」

 

矢継ぎ早な質問に私が困惑していると、少年Aがさらに発言した。

 

「ところで今日って一人で留守番なの?」

 

蛇のようなねっとりした目で私を見つめる少年A。

 

その発言を聞いて、明らかにギョッとしているもう一人の少年B。

 

なんか、変。

 

何なのこの人達・・・。

 

なんかヤバイ、なんかオカシイ。

 

その時になって、私の違和感はようやくハッキリした形を取り始めた。

 

「ねぇ、一人?今日はもしかして他に誰もいないの?」

 

「おい、やめろよ。やめとけって」

 

「何だよ、いいじゃん。この子、結構俺の好みなんだよね」

 

徐々に近くに寄ってくる少年A。

 

表情を引きつらせながら、それを押し止めようとする少年B。

 

「やめろって。何考えてんだよ!ヤバイって!!」

 

と、その時・・・「ピンポ~ン」と玄関のチャイムが鳴った。

 

「すみませ~ん、集金で~す」

 

「は~い、今出ます!」

 

慌てて玄関先に飛び出す私。

 

ほっと肩を落とす少年B。

 

後で、少年Aが「チッ」と小さく舌打ちするのが聞こえた。

 

「もう帰ろ!」

 

ふてくされた様子の少年Aは、少年Bに促されて帰路についた。

 

帰り際、少年Bは申し訳なさそうに「・・・ごめんね」と、小さな声で謝ってくれた。

 

レイプとか強盗とか、テレビ画面の向こうにある世界だと思っていた当時の私にとって、かなり衝撃的な事件でした。

 

(終)

Top