20170907-2

懐かしの道内駅名板一堂に 斜里で170点展示 東京の愛好家が20年かけ収集

北海道新聞

【斜里】JR釧網線など、道内の鉄道に関する資料を集めた企画展「釧網本線と近隣の鉄路たち展」が、知床博物館(本町)に隣接する交流記念館ロビーで開かれて ...

 

応其上人とため池 周到な工事、改修重ね現在に /和歌山

毎日新聞

調査資料によると、池水による堤体の浸食を防ぐために赤土を駒踏(こまふみ)(計画高さ)まで、30センチごとに突き固めた。もちろん、大雨によって水位が上昇 ...

 

不思議な形の羊羹

とらや

虎屋の羊羹の形がわかる、もっとも古い史料は、元禄8年(1695)8月の「御菓子之畫圖(おかしのえず)」です。この不思議な形は洲浜(すはま)※1と呼ばれるもの ...

 

子どもの遊びも戦争一色 熊本市で開催の絵本・玩具企画展 [熊本県]

西日本新聞

資料は宇城市の上村真理子さん(64)が提供。兵庫県の高校に日本史教師として勤めていた1983年ごろ、防毒マスク姿で訓練する女生徒の写真を古い卒業 ...

 

よみがえる廃線の記憶 北陸の鉄路 モノクロ写真展

中日新聞

この特別展はカフェを営む西脇恵(めぐむ)さん(78)が、自ら撮影した約三万枚の中から選んだ。鉄道の研究者は昭和の鉄道史を映す貴重な資料だと強調。

 

引き揚げの記憶伝える…体験者らグループが本出版

読売新聞

引き揚げ者の所持品や資料などを収集するほか、中学校の平和授業などで講演を行ってきた。 グループは昨年11月、資料を展示し、体験を語る催しを開催。

 

明治維新人物ギャラリー資料展示「海防僧月性と『清狂詩鈔』」

山口県立山口図書館

公開日:2017年9月6日. 資料展示「海防僧月性と『清狂詩鈔』の様子の. 「東の清狂草堂、西の松下村塾」として、幕末の長州藩において吉田松陰が主宰する「 ...

 

石橋集落の歴史資料集を自費出版 新温泉町の男性

47NEWS

兵庫県新温泉町石橋の郷土史家馬場福男さん(77)が、石橋集落に残る、江戸時代から明治初めまでの古文書をまとめた集を自費出版した。「会計簿」には ...

 

戦争に揺れた「上方漫才の父」 没後40年、長女が評伝

朝日新聞

大阪・阿倍野の旧自宅に秋田氏が保存していた戦中~戦後の草稿や掲載雑誌などの資料を、改築の際に藤田さんが引き取り、関西大学へ近く寄贈されるのを機 ...

 

田中優子の江戸から見ると

毎日新聞

この番組は、イギリスで発見された映像資料と17人の日本人からの聞き取り調書をもとに作られていた。作戦の無謀さだけではない、今でも考えねばならない ...

 

原子爆弾被爆者二世健康診断 案内資料の入手方法 原子爆弾被爆者二世健康診断 案内資料

京都市

被爆者二世の方から氏名・住所・電話番号、及び親である被爆者の氏名・居住地の都道. 府県名を添えて、以下の方法により京都府健康対策課あて資料請求して ..

 

 

 

 

Top