20170811-9

仏の博物館に雷が直撃!ルーヴルのコレクションなど200点が黒焦げに…

ハザードラボ

ルーブル美術館から預かっていた19世紀の風景画家、アレクサンドル・カサティの「魚売り」など3点の絵画も焼けたほか、17世紀にフランス軍とイギリス・オランダ .

 

「五輪生まれ」20年に意欲 流山の版画家・関口聖火子さん 東京で31日から /千葉

毎日新聞

世紀の時を経て、版画家となった関口聖火子さん(52)=流山市=は、五輪開催時期に合わせた個展を企画した。1992年バルセロナ五輪の年に結婚し、一人 ...

 

街のにぎわい取り戻す 10年ぶり「土曜夜店」復活

神戸新聞

2007年まで半世紀にわたって夏の夜の商店街を盛り上げた兵庫県宍粟市山崎町山崎地区の「土曜夜店」が29日、10年ぶりに復活する。地元の若手商店主ら ...

 

名物パン店、7月末に閉店 東京・下北沢「アンゼリカ」

朝日新聞

東京都世田谷区の下北沢駅前の商店街で半世紀にわたって営業してきた名物パン店「アンゼリカ」が、7月末で営業を終了する。閉店を惜しむ客で連日混み合っ ...

 

関西発信のオペラ、東京へ 滋賀公演・来月5、6日/新国立劇場・来月26、27日 /滋賀

毎日新聞

今回取り上げる作品は、19世紀のイギリスで活躍したサリヴァン作曲コミック・オペラ「ミカド」。ミュージカルを思わせる軽快な音楽とせりふで紡がれる物語は、奇想 ...

 

何ゆえ、日本のキャンディー「チェルシー」 にはロンドンの地名がつけられておりますの

ジャーニー

ちなみに、キングズロードは17世紀の国王チャールズ2世が建造を命じた道で、19世紀初めまで「王家専用」の私道だったとか! 色々と調べておりましたら、 ...

 

ホテルニューグランド/下 1世紀へ、変わらぬ姿 見た目そのまま耐震化 /東京

毎日新聞

次の節目は「一世紀」だ。「ここは、社会や市民の公器として、変わらない場所であり続けなければいけないのです」。野村さんは、改修後も重厚感を失わない天井 ...

 

「花火大会の始まりは のためだった!」花火の歴史 ×クイズ!

T-SITEニュース

そして、花火の存在が庶民にも広がったのは13世紀ヨーロッパからとされています。大きな音を立てたり、煙に色をつけるなどして人気となり、更に打ち上げ式も作 ..

 

越前鳥の子紙で日蘭の願いを 東京芸大名誉教授ら地元に協力呼び掛け

中日新聞

越前鳥の子紙は、十七世紀のオランダの画家レンブラントが版画などに使用していた可能性が高いとされる。三田村名誉教授らは、江戸時代に長崎の出島から ...

 

内乱の1世紀

世界の歴史まっぷ

内乱の1世紀 紀元前133年、護民官・ティベリウス・グラックスは富者が占有している土地を没収する法を提案して元老院と対立し、殺害された。ローマ市で市民 ...

 

歌って、踊って、盛り上げて! 歌詞を変えてよみがえる、東京五輪音頭2020

毎日新聞

三波さんは64年1月の後援会(こうえんかい)会報で「(五輪は)何百年の後にしか日本には回ってこないのですから、世紀の大行事と言えましょう」と高揚(こう ...

 

 

 

Top