企画展「守る海賊から船手組へ」~村上元信!~



今回の企画展のチラシは、
爽やかなマリンブルーを基調とした
しちゃってるものになっていますが、
右に大きく位置している人物を、
みなさまご存じでしょうか?

そう、
この人物こそ、
村上元信
です。
能島村上家(村上一学家)の江戸時代初期の当主であり、
村上景親の息子ですので、
村上武吉の孫になります。



僕の子どもだよ!息子よ!



←かげちかくん(村上景親がモデル)



村上元信は、
当時の嫡男(元信の兄)が若くして死去したため、
村上一学家の家督を継ぎ、
船手組として活動しました。
元信の「元」の字は、
あの毛利輝元の「元」を与えられたものです。(マジ名誉!)






←現在、常設展示では、村上元信が毛利輝元から「元」の字を授かった、マジ名誉な古文書を展示しています。




当館には能島村上氏の肖像画がふたつあります。
ひとつは村上景親のもの、
もうひとつは村上元信のものです。

村上景親の肖像画は戦国時代の企画展・特別展で、
度々展示してきましたが、
それに比べると村上元信の肖像画は、
あまり展示されることもありませんでした。

              村上景親の肖像画→

今回の企画展は、
江戸時代の能島村上氏にも、
スポットを当てておりますので、
村上元信の肖像画を展示するとともに、
チラシにもお出ましいただきました!

村上家の系図などには、
村上元信母親「唐女」と書かれてもおり、
朝鮮貴族の娘母親だったと言われています。

今回の企画展では、
朝鮮貴族の娘を描いたと能島村上家で伝えられる絵とともに、
村上元信の肖像画を展示しております。














2017年夏、
村上元信(の肖像画)に会いに、
是非とも企画展にお越しください!
村上たちのは終わらない!

            学芸員 O

Top