大飢饉が招いた恐ろしい話

昔話

 

何で読んだのかは忘れたが、恐ろしい昔話を紹介しよう。

 

江戸時代の三大飢饉の中で、最も甚大な被害を出したのは『天明の大飢饉』であった。

 

被害者の数は推定で100万人近くになると言われ、中でも東北の被害は甚大であり、東北だけで数十万人近い餓死者を出したと伝えられている。

生きながら鬼になった女

当時、南部藩(現在の岩手県)のある村に美しい女がいた。

 

この女は美貌だけでなく非常に股の緩い女で、頼まれれば嫌な顔ひとつすることなく誰とでも寝る、それは奔放(ほんぽう)な女であったという。

 

天明の大飢饉が南部藩を襲った時、人々は極限の飢えに苦しんだ。

 

子供や年寄りの口減らしから始まり、それも出来なくなると先に逝った親子供の死肉を齧(かじ)ったというが、それでも大半は命を繋ぐことが出来ずに皆死んでいった。

 

※口減らし

経済上の理由から(養うべき)人数をへらすこと。

 

男たちは考える。

 

「そうだ。どうせ死ぬなら最期に良い思いをして死にたい」

 

それはほとんど本能的な行動だった。

 

信じ難い話だが、その村の男たちはガリガリに痩せこけた体を引きずり、その女の家までやって来ては女との同衾(どうきん)を望んだのだという。

 

※同衾

一つ夜具で一緒に寝ること。

 

不思議なことだが、この大飢饉の最中にあっても、この女は全くやつれてはいなかった。

 

それどころか、その豊満な体から放つ色香は通常の時よりも色濃さを増しており、いささか凄みを覚えるほどになっていたという。

 

その女は男たちを誰一人として拒まず、体を開いた。

 

必死になって得られるだけの快感を貪る中、男たちは何ゆえのものか、涙を流したという。

 

そして、女の中で果てるのと同時に命を使い果たし、皆は事が終わるのと同時に死んでいったそうである。

 

男が文字通り果てると、女は着物を着るということもなく、そのままの格好で包丁を取り出すや、男の亡骸を切り刻み始めるのだった。

 

そう、女は男たちと交わる代わりに、その死肉を食らってこの大飢饉を生き延びていたのである。

 

女の家はあっという間に男たちの頭蓋骨で埋まった。

 

それでも、最期に女との同衾を望む男は後を絶たなかったという。

 

数年後、大飢饉が終わり人々が少しずつ飢えなくてよくなるようになった時、女はなぜか少しも年を取らず、またその美貌も、全身から放つ色香も、以前とは比べ物にならないほど濃く、そして妖しくなっていたという。

 

この女が最終的にどうなったのかは分からぬが、人々はこう噂したという。

 

「あぁ、あの娘は生きながら鬼になったのだ」、と。

 

(終)

Top