20170804-7

【世界のカフェ】15世紀へようこそ!エストニア・タリンの中心で中世体験ができる個性派カフェ

ネタりか - Yahoo! JAPAN

15世紀当時の様子を再現した、ろうそくの明かりだけの店内で過ごすひとときは、異次元の世界に迷い込んだかのような不思議な体験です。店の前にもテラス席が ...

 

米西海岸にある20世紀初頭に建てられた家

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

Mark Roos is the third generation of his family to live in this San Francisco home designed by architect Bernard Maybeck. The house ... Mr. Roos ...

 

『語る藤田省三』 竹内光浩ほか編

読売新聞

現代」としての二十世紀を見つめながら、独自の思索を展開した政治思想史家、藤田省三。その人が一九七〇年代から八〇年代のはじめにかけて、若い世代を ...

 

訃報:金君子さん91歳=元慰安婦

朝鮮日報

旧日本軍の従軍慰安婦だった金君子(キム・グンジャ)さん(91)=写真=が23日午前8時、老衰のため死去した。金君子さんは生涯をかけてためたお金を、葬儀 ...

 

<仙台いやすこ歩き>(62)地サイダー/酒販店の情熱はじける

河北新報

サイダーの故郷はヨーロッパである。17世紀後半、世界で最初に商品化された清涼飲料「レモネード」が誕生する。この時期のレモネードは水にレモン果汁と砂糖を ...

 

単なる邪魔者扱い?オオカミとの共存は無理なのか

swissinfo.ch

19世紀の終わり頃、反オオカミ運動の一環でスイス最後の野生オオカミが狩猟された。しかしオオカミは欧州の他の地域で生き延びていた。そして1995年、1頭 ..

 

これぞ人民の最終兵器! 逮捕を逃れるため、自らのウンコを塗りたくる事件が相次ぐ

日刊サイゾー (風刺記事) (プレスリリース) (ブログ)

日本では戦国時代、籠城戦などにおいて攻めくる敵に対し、人の大小便を武器として使用した記録があるという。しかし中国では、21世紀の現在でも現役の武器 ...

 

山口 最晩年の素描 /山口

毎日新聞

凝縮したストーリー性が「20世紀少年」や「ビリーバット」などの浦沢の長編漫画を思い起こさせるのだろうか。 藤田といえば、1913年にフランスに渡り、パリで ...

 

新音頭に三波さん長女「父が歌い続けよかった」

毎日新聞

美夕紀さんは「まさか半世紀後に開催するとは思っていなかったのでは」と、父を懐かしむように話した。 体調を崩して開幕前日の10月9日に盲腸の手術を受けた ...

 

昆虫兵器の歴史 ミツバチは戦闘行為にどう参加したか

Sputnik 日本

戦争における昆虫利用が文書によって確認されるのは、紀元前4が最初で、その歴史はプロテスタントとカトリックが起こした最後で最大の宗教戦争、三十年 .

 

 

 

Top