20170804-10

<連載>「殺す」側の兵士たちの兵役拒否と命令拒否(1) 兵役拒否の始まり

Yahoo!ニュース 個人

19世紀から20世紀初頭の国際社会においては、戦争を行うことはその理由の如何にかかわらず、主権国家の正当な権利であると考えられていた。ところが史上 ...

 

花火はどうやって撮ればいいの? /滋賀

毎日新聞

花火に使われる黒色火薬は、16世紀の戦国時代に火縄銃と共に日本に伝わりました。火薬を使った観賞用の花火が登場したのは江戸時代で、1613年に徳川 ...

 

2度目の東京五輪、準備着々 64年開業のホテルが改修

朝日新聞

世紀前、多くの外国人客をもてなしたホテルはいま、2度目の五輪に向けた準備が進む。 1年間の休業をはさみ、今年4月にリニューアルオープンした東京 ...

 

オーストラリアの「負の歴史」を伝えるためのマップ

TABI LABO

オーストラリアには、これまでほとんど明るみにされていない負の歴史があるらしい。18世紀頃にイギリスの流刑地とされたこともあり、同国には多くの罪人や移民 ...

 

ゴッホ、モネから歌麿、村上隆まで――古今東西の傑作が揃い踏み! 『ボストン美術館の至宝展』をレポート

http://spice.eplus.jp/

フランス絵画の章では、他にもモネの魅力的な4作品や、ドガ、セザンヌ、ミレーなどボストン美術館が誇る19世紀フランス絵画の名作がずらりと並び、うっとりして ...

    

恐竜の化石を見に「大阪市立自然史博物館」に行ってきました

おにぎりフェイス.com

長居公園内にある「大阪市立自然史博物館」に子供と遊びに行ってきました。 何度か子供に恐竜の化石を見に行こうとは言ったことがありましたが、全く興味が ...

 

大阪・南港で関西初「メガ恐竜展」 復元骨格や化石など200点展示

大阪ベイ経済新聞

恐竜の中でも最も大きく、史上最大の陸上生物とされる「竜脚類」にスポットを当て、復元骨格や化石など約200点を展示する。ターゲットはファミリー層。

 

「シーラカンス殺人事件」内田康夫著

日刊ゲンダイ

正月、日本の調査隊が南アフリカの某国から「生きた化石と呼ばれるシーラカンスを持ち帰った。翌日、三浦半島にある水族館の水槽の中で同館の職員で調査隊 ...

 

学ぶ・楽しむ

苗木遠山史料館

苗木遠山史料館では,苗木藩や苗木城,廃仏毀釈など地域の歴史に関する講座等を開催し...

 

応仁の乱の黒幕?! 日野富子は本当に悪女だったのか?

エキサイトニュース

歴史人」8月号では、残された数少ない歴史的史料から、歴史研究家の渡邊大門氏が実像に迫っている。その中から一部を紹介する。 「応仁・文明の乱の大きな ...

 

 

 

Top