諌早神社

人気ブログランキング

長崎県は多くの文化の玄関口のせいか、様々な文化が交わっているようです。

眼鏡橋

 

諌早は長崎 島原 佐世保等の入口に位置しています。

この神社はそんな場所に位置しています。

昔この飛び石を超えて川を渡って参拝していたそうです。

諌早神社

鳥居をくぐってまず目に入るのが、この木で樹齢は不明ですが、存在感抜群の大楠です。

拝殿はどことなく品があります。

 

縁起書によれば、当宮の創始は
平城京・奈良時代の神亀五年(西暦728年)に、聖武天皇の勅願により
行基菩薩が当地へ赴いて石祠を祀ったのが始まりと伝わる。

 

もとは九州総守護の神々をお祀りする「四面宮」という神仏習合の神社であった。

 

つまりこの神社は雲仙にある四面宮(温泉神社)が総本宮ということです。

 

祭神

天照大御神 大己貴命 少彦名命

配祭の神々

猿田彦大神・八幡大神・天満宮・御霊宮・稲荷社・太子堂

九州総守護の神々(四柱)
白日別命:筑紫国 、豊日別命:豊国 、豊久土比泥別命:肥国 、建日別命:熊曾国

 

四面宮は「筑紫国魂神社」とも呼ばれ、その名の通り
九州一円の守護神として九州各地の大名や有力者から崇敬を受けていた。

 

元々九州の国魂は四面宮であったということでしょうか?

そして仏教徒の行基は寺院ではなく四面宮を祀ったのでしょうか?

 大国主の誕生地は雲仙という説もあり、関係があるのかもしれませんね。


なにか重要な気がしますね!

 


人気ブログランキン

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

Top