20170731-3

魅力、ウェブライター・大日向明子さんに聞く 連綿と続く営み 日本人のルーツ探る楽しみも /青森

毎日新聞

1994年に三内丸山遺跡で大型掘っ立て柱(六本柱)建物跡がつかったころ、書籍関係の仕事でたまたま青森に来る機会があり、遺跡に立ち寄ったのです。

 

関東最大級の縄文集落跡 国史跡目指す船橋・取掛西貝塚

東京新聞

船橋市中央部で、6月から本格的な発掘調査が始まった取掛(とりかけ)西貝塚。国内最古の「動物儀礼跡」が見つかっており、市は市内で初の国史跡の指定を .

 

沖縄の「港川遺跡」と「山下町第一洞穴」 人類のルーツに迫る 沖縄考古学探検〈2〉

琉球新報

家の庭などに使おうと採石場から購入した石灰岩の中にイノシシの骨を見つけ「人骨も見つかるかもしれない」と、港川の採石場に連日通って発掘調査を行っ ...

 

太古の英知守る 観光復活めざし修復

毎日新聞

エジプトの首都カイロにある考古学博物館の一角で、1人の日本人が老朽化した遺物の保存・修復作業にあたっていた。木製彫刻保存修復家の岡田靖 ..

 

ドイツの可愛い木組みの街「ヴェルニゲローデ」はまさに絵本の世界

オーヴォ

ドイツの中央よりもやや北に位置するハルツ地方。魔女伝説が残る、どこか神秘的なこの地方には、中世の面影を残す可愛らしい街が点在しています。 そのひとつ ...

 

2017年スイス旅行 4日目その1 ラヴォー地区とシヨン

ウーマンエキサイト

次に行ったのは「レマン湖の白鳥」と呼ばれるシヨン。シヨンは中には入らずでした。レマン湖の畔にポツンと立った中世の面影を残す堅牢なおでした

 

石垣から「イカの形の謎の石」名は「いかすみ石」

毎日新聞

本丸石垣の解体修理が進む弘前(青森県弘前市)で、天守を支える石垣の四隅にイカのような形をした巨大な石が組み込まれていたことが分かった。弘前市は ...

 

戦国廃を歩く~北茨城のを訪ねる

毎日新聞旅行

行講師/大竹 正芳氏(日本城郭史学会委員、日本画家) 茨城県も城跡の多い地域です。今回は茨城県でも特に北部に位置する城郭を訪ねます。 ☆食事/昼食 ...

 

家族で諏訪の名所巡り 30日からお宝あそび

長野日報

設定コースは▽諏訪大社本宮周辺の上社の杜コース▽高島周辺の城下町コース▽高島藩主ゆかりの史跡と酒蔵、寺町を散策する寺町・酒蔵コース▽先の宮 ...

 

豊臣時代の大阪を現代に!築城時の石垣を公開するプロジェクトが始動

HOME'S PRESS(ホームズプレス)

現在の大阪の天守閣は昭和6年に建てられたもので、平成7年から9年にかけて平成の大改修が行われた。秀吉時代の天守閣に近づけるため、筑前福岡藩 ...

 

 

 

 

 

Top