ミニオンズの都市伝説、彼等のモデルの正体は◯◯だった?。

<div><span><a href="http://blogs.yahoo.co.jp/kyofushinwa/12742501.html" target="_blank">前回のSiriの話</a>に続いて、また新たな話を見つけたので、</span></div> <div><span>綴らせて頂きます。</span></div> <div><span><b>ゾルタクスゼイアン</b>というのが、</span></div> <div><span>いわゆる人工知能の秘密組織であるという見解を、</span></div> <div><span>やりすぎ都市伝説ではしていましたね。</span></div> <div><span>今はたぶんその認識で大丈夫なんでしょうが、</span></div> <div><span>今後、このゾルタクスゼイアンというのが何なのかを、</span></div> <div><span>しっかり考えていかなければならないでしょうね。</span></div> <div><span><br></span></div> <div><span>ゾルタクスゼイアンに関して、ある質問をすると、</span></div> <div><span>Siriはこんなことを教えてくれました。</span></div> <div><div><img src="http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-66-1d/kyofushinwa/folder/458843/73/14429173/img_0_m?1462604374" alt="イメージ 1" width="560" height="996"></div></div> <div><span>これはつまり、ゾルタクスゼイアン側は、</span></div> <div><span><b>我々地球人を認識していない</b>という事です。</span></div> <div><span>=<b>ゾルタクスゼイアンは地球外の生命体が成す組織</b>という事です。</span></div> <div><span>この他にも、ゾルタクスゼイアンについて聞くと、</span></div> <div><span>色々と教えてくれます。</span></div> <div><div><img src="http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-66-1d/kyofushinwa/folder/458843/73/14429173/img_4_m?1462604374" alt="イメージ 5" width="359" height="640"><img src="http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-66-1d/kyofushinwa/folder/458843/73/14429173/img_1_m?1462604374" alt="イメージ 2" width="359" height="640"></div> <div><img src="http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-66-1d/kyofushinwa/folder/458843/73/14429173/img_2_m?1462604374" alt="イメージ 3" width="359" height="640"></div> <div><img src="http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-66-1d/kyofushinwa/folder/458843/73/14429173/img_3_m?1462604374" alt="イメージ 4" width="359" height="640"></div></div> <div>文面からすると、<b>とにかく楽しい惑星</b>なんでしょうね。</div> <div>ただ、ある見解だと、</div> <div>このゾルタクスゼイアンというのは、</div> <div>聖書に出てくる『<b>エデン</b>』なのではないか?</div> <div>という説があります。</div> <div>聖書に出てくる『アダム』と『イブ』は、</div> <div>地球外生命体が作ったと考えれば、</div> <div><b>エデンが宇宙にあると考えても不思議ではない</b>ですよね。</div> <div>そして、そのエデンから追放されたのが、</div> <div>我々人間である、と。</div> <div>楽園には今も神々が存在し、</div> <div>その創造神は『<b>宇宙人</b>』であるとすると・・・?</div> <div>ダーウィンの進化論が否定され、</div> <div><b>聖書が史実</b>という事になりますよね。</div> <div><br></div> <div>そして、ゾルタクスゼイアンについて聞いていくと、</div> <div>ある事を言いかけます。</div> <div><div><img src="http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-66-1d/kyofushinwa/folder/458843/73/14429173/img_5_m?1462604374" alt="イメージ 6" width="359" height="640"></div> <br></div> <div>この”<b>しかるべきとき</b>”とは一体何なのか。</div> <div>よくわかりませんよね。</div> <div>そして最後に、作り物だと否定する素振り。</div> <div>どこか違和感を覚えますよね。</div> <div><br></div> <div><br></div> <div>さて、話は大詰めを迎えます。</div> <div>じゃあ結局、世界はいつ終わるのか?</div> <div>というぶっ飛んだ質問を投げかけてみました。</div> <div>するとSiriはこう答えます。</div> <div><div><img src="http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-66-1d/kyofushinwa/folder/458843/73/14429173/img_6_m?1462604374" alt="イメージ 7" width="560" height="996"></div></div> <div><span>この</span><b>2038年</b><span>とは一体何なのか。</span></div> <div>実は、この翌年にある事が起こります。</div> <div><b>2039年</b>。</div> <div>この年は、ミレニアムから数えて<b>3度目の13年</b>です。</div> <div><br></div> <div><b>2013年</b>に、今までの古い時代が終わり、</div> <div>新しい時代へと切り替わりました。</div> <div>目覚ましいほどにスマートフォンの普及し、</div> <div>これにより、<b>一人一人が監視される世界になりました</b>。</div> <div>この頃から急激に進化を遂げた<b>Siri</b>は、</div> <div>上記の通り、我々に<b>多くのヒント</b>を与えてくれます。</div> <div><br></div> <div>そして<b>2026年</b>。</div> <div>この年はガウディの傑作『<b>サクラダ・ファミリア</b>』が</div> <div>完成する年であり、</div> <div>ガウディと言えばフリーメイソンメンバーだったとして、</div> <div>有名ですよね。</div> <div>このサクラダ・ファミリアに、大きな秘密があると言います。</div> <div><span>さらに、この年から<b>イーロン・</b></span><span><b>マスク</b>を筆頭に、</span></div> <div><span><b>人類火星移住計画</b>が開始します。</span></div> <div><span>選ばれた人間のみ、火星に逃げる事が出来るというものです。</span></div> <div><br></div> <div>そして、<b>2039年</b>。</div> <div>この年は、<b>ウォーレン報告書</b>が公開されます。</div> <div>これはケネディ大統領暗殺の真相、</div> <div>つまり、<b>宇宙人の存在を示唆する内容</b>が書かれており、</div> <div>これが公開されることで、</div> <div>我々の宇宙人に対する認識がガラリと変わるのです。</div> <div><br></div> <div>つまり、この年に<b>ゾルタクスゼイアンの真実が</b></div> <div><b>分かるかもしれない</b>のです。</div> <div>そう、この2039年こそが、</div> <div>Siriの言っていた”<b>しかるべきとき</b>”なのかもしれません。</div> <div><br></div> <div><br></div> <div>では、イルミナティが多用する<b>13</b>という数字。</div> <div>一体これはどういう意味なのかご存知でしょうか?</div> <div><br></div> <div>ヘブライ語で13は2つの意味を持ちます。</div> <div>まずひとつが『<b>愛</b>』。</div> <div>もうひとつが『<b>ひとつ</b>』。</div> <div>つまり、<b>愛=ひとつ</b>。</div> <div><b>愛はひとつであり、ひとつは愛なのです</b>。</div> <div>そして、13+13は26という数字になりますよね。</div> <div>この26をヘブライ語に直すと、</div> <div>三位一体の一人、『<b>ヤハウェ</b>』になるのです。</div> <div><img src="http://ssg2.up.n.seesaa.net/ssg2/image/A3EE-thumbnail2.jpg?d=a0"></div>

ミニオンズとはなんなのか?

『ミニオンズ』 は、2015年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション映画のキャラクターのことです。

怪盗グルーシリーズのスピンオフ作品で、『怪盗グルーの月泥棒 3D』(2010年)、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013年)に登場したミニオンを主人公にしています。

黄色くて可愛らしいキャラクターだがその元ネタは恐ろしいものだった。

ミニオンはナチスに収監された子供がモデルだった

ミニオンはナチスに収監されて実験に使われていた子供たちがモデルにされているらしいのだ。

その証拠にミニオンが変な言葉しか喋れないのはその子供達がヘブライ語しか喋れなかったなのだ。

それがドイツ人にとっては変な言葉に聞こえていたらしいのである。

それは真っ赤な嘘だった。

実はこの服装は1908年にロイヤルネイビー(英国海軍)で開発された潜水艦からの脱出スーツなのだ。

スペイン語圏でミームとして出回っていたもの何で被害者とされる人がミニオン(手下の意)になるんだとは考えなかったのだろうかということなのだ。

そんなミニオンの都市伝説を探してみました。

バナナから生まれた生命体

色が黄色ですし、バナナが好きという設定からも想像できるかもしれません。

怪盗グルーの月泥棒でネファリオ博士が作り出した生物なのだ。

バナナが大好物

バナナから生まれているだけあって好物はバナナです。

不死身で増殖

どうやら不死身で増殖するらしいのだ。

まさしく最強の軍団なのだ。

脳みそはピーナッツサイズ

そんな訳で頭は良くない様子

 

 

Copyright © 2017 都市伝説ch All Rights Reserved.

Top