帯方郡使による倭国訪問記(その一)

歴史ランキング

『魏志倭人伝』の記す邪馬台国へ至る道程とは?

 

私は今迄あえて邪馬台国へ至る道程の問題を前面に出さずにきました。

その理由は、卑弥呼時代の日本の歴史は、倭国の首都・邪馬台国一国だけでなく、

倭国=女王国連合全体として考えることが大事だと思うからであります。

 

しかしながら、古代史ファンの一番の関心はやはり、『魏志倭人伝』の記す、

帯方郡から邪馬台国へ至る帯方郡使たちの旅の道程を辿ることでしょう。

嘗て私もそうだったように、多くの古代史ファンは邪馬台国への道程の記事を各自で

辿ってみて、多分誰もが私と同じような処で躓いて、悩まれていることでしょう。

 

さて、そろそろ機も熟してきた頃だと思うので、

今回から数回にわたり、この問題について私の見解を発表してみたいと思います。

 

 

全国の邪馬台国比定地一覧(図Ⅰ)

 

 

九州とその周辺部における邪馬台国比定地一覧(図Ⅱ)

 


 

『魏志倭人伝』の記す帯方郡から邪馬台国へ至る道程の記事によると、帯方郡使たちは

帯方郡(ソウル)を出航後、韓国西海岸を辿って狗邪韓国(金海/釜山)、對馬国(対馬)、

一支国(壱岐)、末魯国(肥前国松浦郡)、伊都国(筑前国怡土郡)に至ります。

そして次の奴国(福岡)迄の国々は(比定地)がほぼ定説化されておりますが、

問題は不彌国(糟屋郡宇美、嘉穂郡飯塚説あり)を紹介した後に記される、

①南投馬国に至る水行二十日、

②南邪馬台国へ至る水行十日陸行一月、

の解釈には実に様々な意見が噴出し、全く見解が統一されていないことです。

 

そして『魏志倭人伝』の他の場面では、郡より女王國に至るには萬二千余里と記されます。

ところが帯方郡から不彌国迄の里程を全て足していくと

帯方郡    ー 7000余里 乍南乍東 ー   狗邪韓国

狗邪韓国 ー 1000余里 南?      ー   對馬国

對馬国    ー  1000余里   南 瀚海   ー   一支国

一支国    ー 1000余里  南?      ー  末魯国

末魯国    ー  500余里   東南     ー   伊都国

伊都国    ー  100里    東南       ー   奴国

奴国      ー  100里    東        ー    不彌国

此処までの里程を全て足すと計10700余里となり、不彌国から邪馬台国までは距離は

12000余里ー10700余里=1300里しか残らないことになります。

 

この1300里が水行20日+水行10日+陸行一月にはあまりにも短か過ぎるので

過去の研究者は帯方郡ー女王國間=12000余里は間違いに違いない考えました。

 

そうして邪馬台国近畿説の大御所・京都帝国大学教授の内藤湖南は、

『魏志倭人伝』の南の記載は東を兼ねるとして、不彌国以降の南は東を意味するとし、

不彌国以降の里程1300余里は日程に合わないので間違っているとして却下、

不彌国以降は日程距離だけを採用することに決めたようです。

 

 

図Ⅲ:連続説による邪馬台国への道すじ 内藤湖南は南を東と読み換えて邪馬台国畿内説を成立させた。

 

それに対し、邪馬台国九州説の大家である東京帝国大学教授の白鳥庫吉は、

邪馬台国へ至る道程の最後にある陸行一月は陸行一日の間違いだとし、

不彌国-邪馬台国間の南の方向と里程1300里は正しいとしました。

それでも白鳥庫吉の九州説は、水行20日+10日(+陸行一日)が残りますので、

千三百里にはまだまだ日程が長過ぎ、道程の説明が不十分な儘でした。

 

このように邪馬台国九州説と邪馬台国畿内説の両巨頭は、

お互いに『魏志倭人伝』の記載を間違いとして自説に都合よく改変してしまったのです。

ところが『魏志倭人伝』の記載を改変してしまうことは、

『魏志倭人伝』はもはやどうとでも研究者の自由に解釈できることを意味するわけであり、

改変した時点で説の必然性と根拠の大部分を失うことになるのであります。

 

実際、邪馬台国論の二大巨頭が比定したい地に合わせて『魏志倭人伝』を改変した為、

その後の邪馬台国研究者たちは、誰もが二大巨頭のやり方を真似て、

『魏志倭人伝』の記載を自説に都合よく改変させてきました。

それ故、上記図Ⅰ・図Ⅱのように極めて多くの比定地が出現したのだと考えられます。

 

さて此処で登場するのが、東京帝国大学白鳥庫吉教室出身の榎一雄です。

榎は倭国を訪問した帯方郡使は『郡使往来常に駐する処』と記される伊都国に留まり、

その後の奴国・不彌国・投馬国・邪馬台国へは実際には行っておらず、

郡使は倭人からの伝聞でこれ等の国の道程を記したとする【放射説】を展開しました。

榎はこの【放射説】を用いて、『魏志倭人伝』の記載は其の儘に、

南投馬国へ至る水行二十日及び南邪馬台国へ至る水行十日陸行一月の日数と

伊都国-邪馬台国間の千五百里を適当な範囲内に納めることに成功しました。


 

 

図Ⅳ:榎一雄の放射説 伊都国から邪馬台国への1500里は水行なら十日、陸行なら一月かかる

 

榎一雄の【放射説】は『魏志倭人伝』の記載を改変せずに成立する画期的説なのですが、

ところがこの【放射説】に真っ向から異議を唱えた人物がいました。

その人物が、名著・『邪馬台国は無かった』の著者・古田武彦氏です。

その異議の内容については次回に譲りますが、古田氏の異議が強烈だったため、

榎氏は反論に窮し、【放射説】はその後お蔵入りした儘となっています。

 

ところで、邪馬台国畿内説派と九州説派は長年に渡り激しい論争を繰り広げてきましたが、

このうち畿内説派(こちらは大学や研究所に所属する所謂プロの研究者が多い)は、

邪馬台国の比定地が奈良県纏向遺跡辺りにほぼ一本化されているのに対し、

九州説派(こちらは過去に一時代を築いた東大がどうやら近年になり撤退した模様で、

今となっては九州説派の旗頭として長いこと孤軍奮闘されてきた安本美典氏の他は、

私も含め在野の素人歴史マニアである自称・邪馬台国研究家ばかりとなってしまった)は、

(図二)の如く、九州内でも博多、糸島、島原半島、吉野ケ里、甘木・朝倉、御井、

筑後山門、肥後山門、菊池、八代、人吉、豊前京都、宇佐、大分、延岡、西都、宮崎、

薩摩、大隅等の実に様々な場所が邪馬台国の比定地として挙がっています。

 

これ等の邪馬台国九州説を採る多くの自称・研究家たちは所詮素人の悲しさで、

互いに一歩も譲らず、論理的考証を伴わない思い付きだけで出来た自説を言い張って、

九州説派内部で「俺が、私が」の、激しい主導権争い・内輪もめを続けているため、

邪馬台国の比定地を一本化できる可能性もなく、協力して畿内説派と戦う力も分散され、

結局プロ集団を揃えた畿内説派に大幅なリードを許してしまっている状況です。

 

ところが最近、プロ集団である邪馬台国畿内説派の先生方は、

『魏志倭人伝』は現実に基づかず、陳寿が儒教や神仙思想、宣帝・司馬懿礼賛に則って、

過去の史書や文献を参考にしつつ、机上にて想像で書き上げた本だとして、

『魏志倭人伝』の記事から邪馬台国の位置を探ることはナンセンスだと言っています。

 

どうやら畿内説派は『魏志倭人伝』を現実離れした観念の世界の本として神棚に祀り上げ、

実際に邪馬台国を発見するには「考古学的手法しかない」と云いたいらしい。

 

しかし私は、畿内説派の先生方が『魏志倭人伝』を殊更軽視するようになった本当の理由は、

彼等が『魏志倭人伝』の記載から邪馬台国を畿内大和に持って行くことは、

到底不可能だと気づいたからであろうと思っています。

それでも今更畿内説から九州説に鞍替えすることはプライドが許さないプロの先生方は、

なんとか『魏志倭人伝』に関係なく、考古学的手法だけで、

邪馬台国を畿内大和に決定したいと考えるようになったのであろうと思われます。

 

そんな邪馬台国畿内説派の先生方は、

新たな考古学発見をする度にマス・メディアを集めて大々的に発表し、

今の処、世間に畿内説有利の風評を作り出すことに成功しています。

 

だが私は考古学的手法からだけでは、

邪馬台国を本当に発見することは到底不可能だと考えています。

逆に『魏志倭人伝』を適切に解読すれば、必ず邪馬台国に行きつくことが出来るでしょう。

何故ならば『魏志倭人伝』は、「邪馬台国は九州に有る」と繰り返し伝えているからです。

 

私は『魏志倭人伝』を何も改変することなく出来た説は正しいと考えていますが、

それが本当に可能なのか、この後詳しく検証してみたいと思います。

先ずはお蔵入りしている榎一雄の【放射説】を蔵から取り出して、

再検討してみることが一番の課題でしょう。

なにしろ【放射説】は『魏志倭人伝』を何も改変することなく出来た説ですから。

 

考古学的手法は文献学的に考証された説を検証する段階で十分に役に立つことでしょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

下の二つのバナーのクリックで、どうぞご支援お願い致します。


歴史ランキング にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 

Top