20170729-2

『台湾北部タイヤル族から見た近現代史』 菊池一隆著

読売新聞

著者は、日本統治時代の新聞を渉猟するとともに、タイヤル族の人々にインタビューを重ね、史料の空白を埋めている。 日本は、一八九五年に台湾を獲得したが、 ...

 

【幕末、戊辰、明治】ふるさとを読み直す(7月17日)

福島民報

県歴史資料館(福島市)が定期的にまとめる冊子「福島県史料情報」には「村人たちの戊辰戦争」と題した連載がある。庶民が軍夫として駆り出されたり、食料や ...

 

福島に土佐武人の神社 高知県護国神社に戊辰戦争従軍の美正貫一郎の絵図

高知新聞

戊辰戦争時に三春藩(福島県三春町)の無血開城に貢献した直後、25歳で戦死した土佐の武人、美正(みしょう)貫一郎(建臣)を祭る神社を描いた絵図が、高知 ...

 

巌流島の決闘 佐々木小次郎は武蔵一派に集団で殺された説も

ニフティニュース

あえて遅刻して現われ、心理戦で勝利したことになっているが、全く違ったかたちだったとする史料がある。 「『沼田家記(※小次郎が剣術師範を務めていた小倉藩・ 

 

【PR記事】 「柳川藩主立花邸 料亭旅館 御花」、6月26日より休館し実施していた客室やロビーの改修を ...

遊都総研.com (プレスリリース)

柳川藩主立花邸 料亭旅館 御花」(福岡県柳川市)は、6月26日より休館して実施していた2・3階の和室・洋室を除く全ての客室とロビーの改装を7月14日に完了、7 ...

 

日本画家、中路融人氏死去 文化功労者、琵琶湖周辺描く

京都新聞

琵琶湖周辺を題材にした風景画で知られる文化功労者で日本芸術院会員の日本画家中路融人氏(なかじ・ゆうじん)が18日午前8時3分、ホジキンリンパ腫の ...

 

観光列車「水都」3000形に変更…「8000形」は引退へ

産経ニュース

観光パンフレットや物産品のほか、「立花家史料館」(福岡県柳川市)が西鉄に寄贈した文化財レプリカを展示する。 合わせて、公衆無線LANサービスのWi-Fi( ...

 

「古都奈良の情景」写真展 /奈良

毎日新聞

本展では、現在では見られない風景や生活を写した懐かしい写真や史料477点を紹介します。ふるさとの風景や人々の心を探っていただければ幸いです。

 

歴史館で企画展「松江藩御用窯の現代作家たち」 出雲焼など76点展示

山陰中央新報

窯元の歴代の逸品や、史料として藩からの注文票なども並べている。 開幕に合わせた作品解説で、親子3代の作品が集まるのは初めてという長岡さんは「同じ ...

 

【甲斐氏の系譜について】(五)

こじょちゃんの戯言 - FC2

甲斐一族の戦国時代に於ける活動の歴史をあとづける史料は、それほど多くない。甲斐宗運(ソウウン)については比較的多くのことが伝えられているが、隈庄の甲斐 ...

 

板橋の歴史・民俗資料展 民俗学者・櫻井徳太郎さんの業績紹介、むかし体験イベントも

枚方経済新聞

... 故・櫻井徳太郎さんの業績紹介を中心に、約三万年前の旧石器時代から近現代に至る板橋の郷土史年表、同館所蔵の歴史資料や民俗史料を展示する同展。

 

 

 

 

 

Top