20170726-12

文京の伝統工芸を体験 根津・不忍通りふれあいでイベント

文京経済新聞

文京の伝統工芸を体験 根津・不忍通りふれあいでイベント ... 文京・根津の不忍通りふれあい(文京区根津2)で7月15日・16日、「『来て見て体験』文京の伝統 ...

 

明治記念開館70周年特別企画 明治宮廷のダイニングホール ~よみがえる近代の饗宴~

時事通信

明治記念は、7月26日(水)から11月9日(木)まで、特別展『明治宮廷のダイニングホール~よみがえる近代の饗宴~』を明治記念 本館(港区元赤坂2-2-23) ...

 

金沢ふるさと偉人で「夢の偉人会議」 VRの世界で高峰譲吉らが円卓会議

金沢経済新聞

金沢ナイトミュージアム」のディレクターを務めるNPO法人「金沢アートグミ」(青草町)の金谷亜祐美さんが、金沢ゆかりの偉人を紹介する同を舞台に見た人に「 ...

 

今どきの校歌って こうか 球児の夏 目も耳もくぎ付け

東京新聞

昭和初期には、山田耕筰さんら作曲家が校歌を盛んに手掛けるようになり、戦前という時代背景も手伝い、勇壮な旋律が定着。戦後は多くの学校が新設され、校歌 ...

 

ホークス達川ヘッド 逆転V秘策

西日本新聞

留守を預かる達川光男ヘッドコーチ(62)は「(現役時代に広島で)5回優勝したけど、全部ひっくり返して優勝しとるんじゃ」と逆転Vに向けて、自信をみせた。

 

シンクロ井村雅代コーチの現役時代(若い頃)

さとだいのここだけのゴシップ

スパルタ指導で知られる井村雅代コーチ。若い頃はどんな選手だったのか?現役時代に迫ります。また家族や子供に関する情報についてもまとめてみました。

 

豊橋祇園祭へ吉田神社の「獅子飾鉾」生まれ変わる

東愛知新聞社

江戸時代など昔は担いでいたが、近年はトラックに載せていた。 ... 江戸時代から残る石を使いながら、火を灯す部分「火袋」を新調するなどして拝殿の前に設置 ...

 

「わっしょい」「うおー」と雄たけび 古式捕鯨、勇壮に再現 山口県長門市

産経ニュース

江戸時代から明治時代にかけ、捕鯨基地として栄えた山口県長門市の通地区の港で16日、勇壮な古式捕鯨を再現する「通くじら祭り」があった。4隻の勢子船に ...

 

上杉謙信 敵に塩を送った史料なく「生涯不犯」にも重大疑義

ニフティニュース

ところが『上杉氏年表』の共著者で新潟県上越市公文書センターの福原圭一氏によれば、同時代の史料を見てもそうしたことは書かれていないという。

 

『旅する心のつくりかた 楽しきかな、わが冒険人生』 心強さもたらすカメラの力

琉球新報

本著の主人公、石川文洋氏は沖縄で生まれ、本土での無類の映画好きな少年時代を経て、戦争カメラマンになる。ジャーナリズム(特に新聞や雑誌)の影響力の ...

 

 

 

Top