20170716-13

あなたの知らない春日大社

平城宮跡の散歩道

至高の祭典•式年造替を振り返る 〜中部公民館講座 春日大社は誰もが知る由緒ある神社ですが、そこで行われている祭礼や儀式に内在する意味については、 ...

 

神風特攻隊が飛んだ宜蘭飛行場の戦争遺産を巡る

KoyaMagazine

私はその日、宜蘭(ギラン)に向かうバスに乗っていました。宜蘭…。かつて神風特攻隊の出撃基地があった場所です。第2次世界大戦末期に多くの若者たちが ...

 

福山八幡宮(その5)御遷座・東御宮・合祭殿・西御宮 ~広島県福山市の神社|九州下町おやじの珍道中

ameblo.jp

福山八幡宮(その5)御遷座・東御宮・合祭殿・西御宮・ ~広島県福山市の神社. 2017年4月1日の福山・尾道レポの続き。 「福山八幡宮」の続き。 福山八幡宮( ...

 

神が集う伝説の島「神津島」を空から見てみると…

エキサイトニュース

伊豆大島からスタートし、1986年に火山活動があった三原山で山肌に流れた黒い溶岩の、ダイナミックに口を開けた火口を見て、一面真っ黒な裏砂漠へ。2万年 ...

 

戦禍の記憶後世に 「高松空襲を歩く」市民ら80人参加

47NEWS

高松空襲から72年目を迎えた4日、戦災の爪痕をたどり、体験者の話を聞く「高松空襲を歩く」が高松市内であった。参加した市民ら約80人は、まちが焦土と化 ...

 

東洋のマチュピチュ 別子銅山が小説に

公明新聞

日本の近代化に大きな役割を果たした愛媛県新居浜市の別子銅山を舞台にした小説「別子太平記」(井川香四郎著、徳間書店)が先ごろ、全国の書店などで発売 ...

 

釜利谷に伝わる畠山重忠

タウンニュース

釜利谷には鉄を製錬する「たたら」や製錬した時に出るカスの錆びて固まった「カナクソ」が、宮川の小川アメニティ沿いや白山道近くの畑のあちこちで発見されて ...

 

/9 周山城 右京区 戦国の無常漂う石垣 /京都

毎日新聞

天守台と見られる遺構が残る山頂の主郭は、四方を石垣で囲まれていたらしく、今も南西から北西にかけて幅約100メートルの石垣を確認できる。西方の曲輪に ..

 

原爆ドームの破片、元安川から引き上げ

ニコニコニュース

広島市の元安川には、爆風で吹き飛ばされた原爆ドーム、当時の県産業奨励の破片が、今も残されています。ドーム前の元安川では、広島大学の研究員ら ...

 

萬鐵五郎 没後90年 画業の全貌 県立近代美術館葉山

東京新聞

... 七年)の没後九十年を記念し、画業の全貌を紹介する「没後九十年 萬鐵五郎展」(東京新聞など主催)が一日、葉山町一色の県立近代美術館葉山(葉山)で ...

 

 

 

Top