阿部真之助(あべ・しんのすけ)・埼玉/群馬の偉人

阿部真之助(あべ・しんのすけ)・埼玉/群馬の偉人

埼玉県熊谷生まれ、少年時代を群馬県富岡で過ごした。

明治17年(1884)3月29日-唱和39年(1964)7月9日 80歳

大正・昭和時代のジャーナリスト。富岡市名誉市民。


埼玉県熊谷在の酒造家阿部久兵衛の次男として生まれる。

明治17年(1884)3月29日埼玉県熊谷在の酒造家阿部久兵衛の次男として生まれる。

第二高等学校を経て同41年7月東京帝国大学文科大学卒業(社会学)。

『満州日日新聞』『高田新聞』を経て、44年8月東京日日新聞社にはいり、一時『大阪毎日新聞』に転じたが、昭和24年(1949)3月社友となるまで同社にあり、各部長、主幹、主筆、取締役、顧問などの重職についた。

その学芸部長時代は東日学芸部全盛時代を作り出した。

「自由且つ気骨ある政治評論家として、民衆の政治意識を高めた近年の活動」により、昭和30年(1955)、第3回菊池寛賞を受賞。

また『東洋経済』『東京新聞』『サンデー毎日』『北海タイムス』などの特設欄のメンバーとして平明達意の名文を寄せた。

放送関係では大正14年(1925)3月東京放送局ラジオ計画委員となったこともあり、昭和35年5月には日本放送連合会理事に、その10月にはNHK会長に就任した。

唱和39年7月9日没。80歳。

その生涯を気骨ある自由主義言論人として終始した。

恐妻家としても知られ、自ら日本恐妻連盟を組織し総裁に就任。「恐妻とは愛妻のいわれなり」との名言を残した。

日本における「小さな親切」運動の草分けの一人でもある。

著書には『犯罪社会学』『当世うらおもて』(昭和28年)、『近代政治家評伝』(同)など多数あり、
没後『阿部真之助選集』全一巻がでた。(『思想』429)(日本近現代人名辞典) 

恐妻―知られざる阿部真之助 (1965年) (T^oju books) [-]
恐妻一代男 (1955年) [-]
Top