土砂降りの雨の日にやって来たモノ

傘

 

田舎の爺ちゃんに聞いた話。

 

まだ僕や兄が生まれるより幾らか前の事。

 

時期的には6月の終わりから7月の始め。

 

梅雨ただ中のその日、外は朝から土砂降りのような雨が続いていた。

 

野良仕事に出ることも出来なかった爺ちゃんは、昼間から囲炉裏端(いろりばた)で酒をちびちびと煽っていた。

 

他にやる事と言えば煙草を吹かすくらいしかなく、昼飯はとうに終えたとはいえ、夕飯の時間にはまだ随分と時間があった。

 

自然と酒を煽る回数が多くなるが、酒瓶の中身は少々心もとない。

 

買い置きも無いので、これを飲み切ってしまえば買いに行くしかないが、この土砂降りの雨の中、外に出るのは遠慮願いたい。

 

そうして昼間から過度の深酒になるような事もなく、暇を肴に何とか残り少ない酒をやりくりしていた。

 

それからどれくらい経ったのかは憶えていないが、酔いも程良く回ってきたので横にでもなろうかと思った矢先、不意に玄関の戸を叩く音が聞こえてきた。

こんな雨の中、一体誰が来た?

ガアン!ガアン!ガアン!

 

こんな雨の日に誰ぞ来たのかと思い、「誰だあ?」と声をあげる。

 

すると、戸を叩く音はピタリと止み、また雨音だけが聞こえてくる。

 

扉を開けて誰かが入ってくる様子はない。

 

はて?と思っていると少しの間を置いて、ガアン!ガアン!と戸を叩く音がする。

 

出るのも億劫だったので、奥の部屋で繕い物か何かをしている婆ちゃんに出てもらおうと思った。

 

・・・が、婆ちゃんには聞こえていないのか出てこない。

 

「おうい、婆さん!」

 

呼んでもみたが返事が無い。

 

その間も、戸を叩く音は鳴り続けている。

 

このままでは転寝(うたたね)も出来ないと思った爺ちゃんは、渋々といった体で玄関へ向かうことにした。

 

やや千鳥足ながらも玄関にやってきた爺ちゃんは、サンダルを引っ掛けてガアン!ガアン!と振動に揺れる戸に手を掛けた。

 

そして、「そんなに強う叩いたら戸が壊れる」と、戸の向こうの相手をいさめながら一気に戸を引いた。

 

「・・・ありゃ?」

 

その向こうには誰も居なかった。

 

ついぞ今まで、それこそ寸前まで誰かが叩いていたというのに、開けてみたら誰も居ない。

 

そんな馬鹿な事があるものかと思い、戸口から顔を出して周囲を見回してみる。

 

やはり誰も居ない。

 

ただ、軒下を見るとやはり何かが居たかのように、戸の直前までがぐっしょりと濡れていた。

 

はて?と思い、戸を閉めて囲炉裏端に戻る。

 

そして、おもむろに横になった。

 

するとまた、ガアン!ガアン!と、誰かが戸を叩く。

 

またか、と玄関にすっ飛んで行って戸を開ける。

 

やはり誰も居ない。

 

今度は少しばかり外に出て見回してみるが、やはり誰も居なかった。

 

ただ、軒下の濡れ跡が先程より大きくなっている気がした。

 

爺ちゃんはそれをしばらく眺めて少し考えると、玄関先にあった傘を一つ引っ掴み、軒先にひょいと立てかけた。

 

なんとなくそんな気がしたのだという。

 

そうやって三度、囲炉裏端に戻る。

 

するとやはり、ガアン!ガアン!と誰かが戸を叩く。

 

「そこに傘があるから勝手に持って行けばええ!」

 

爺ちゃんは大声で言った。

 

すると、戸を叩く音はピタリと止まった。

 

爺ちゃんは面倒に思いながらも、もう一度玄関に出向き、戸を開けて外を見る。

 

軒先に立てかけておいた傘が無くなっていた。

 

爺ちゃんはヤレヤレと思いながら囲炉裏端に戻ると、婆ちゃんが居た。

 

「どこに居たんや?」

 

「奥におりましたよ」

 

どうやら、あれだけ大きな音と声が響いていたというのに、婆ちゃんには何も聞こえていなかったらしい。

 

「誰か来とったんですか?」

 

「何か来とったようだなあ。あまりにも戸を叩きまくるもんだから傘をくれてやったわな」

 

そう爺ちゃんが答えると、婆ちゃんは少しだけきょとんとした顔を見せた。

 

そして、「新しいの買いに行かないといかんねえ」とだけ言ったそうだ。

 

それから数日後、ようやく雨も止んで晴れの日が数日続いた頃、山仕事に出掛けた爺ちゃんは思いもよらない物を見つけた。

 

それは、大きな木の枝に開いたままで掛けられた傘だった。

 

最初は誰かが忘れでもしたのかと思い無視して歩いて行ったが、その傘が何故か、行く先行く先の木に掛かっている。

 

それで手に取ってみて、ようやくあの雨の日に何かにくれてやった自分の家の傘だと気づいた。

 

もしかしたら、返そうとしているのかも知れない。

 

そう思った爺ちゃんは、傘を枝に引っ掛け直すと、「こら、オメエにくれてやったモンだ。いいから持ってけ!」と大声で言ってその場を後にした。

 

すると、それから先の木の枝に傘が掛かっていることはなかった。

 

この話を聞いた時、僕は爺ちゃんにこんな事を訊いた。

 

「それで、何かお礼とか無かったの?」

 

随分と素っ頓狂な質問だが、昔話なら『傘を借りたお礼に木の実が~』とか、そういったパターンが王道だと思ったからだ。

 

しかし爺ちゃんは少し考えた後、「そんなもんなかったなぁ」と素っ気なく言った。

 

そして、「ただまあ、返してこようと思った気概は買っとるがのぉ」と付け加えて、苦笑気味に笑っていた。

 

(終)

Top