阿部次郎(あべ・じろう)・山形の偉人

阿部次郎(あべ・じろう)・山形の偉人

明治16年(1883)8月27日-昭和34年(1959)10月20日 76歳

明治から昭和時代にかけての哲学者、美学者。


明治16年(1883)8月27日、小学校の教師であった阿部富太郎の次男として、山形県飽海郡上郷村大字山寺村(松山町)に生まれた。

山形中学在学中、内村鑑三の諸著、藤村藤村の『若菜集』などを愛読し、文学への興味を覚えた。

第一高等学校を経て、東大哲学科に進み、ケーベルから深い影響を受け、また小山内薫らと『帝国文学』の編集にあたった。

明治40年に東大を卒業した後、42年から夏目漱石の門に入り、森田草平・小宮豊隆らと交流を結んだ。

大正2年(1913)から慶応大学講師となり、翌3年に『三太郎の日記』を出版した。
これは多感な自我の内面的な彷徨と反省を日記体で記録したもので、新しい哲学的人生論の書として青年知識層に歓迎され、広く読まれた。

また安倍能成・上野直昭らとともに岩波書店の『哲学叢書』(大正4-6年)の編集に加わり、さらに主幹として雑誌『思潮』(同6-8年)を主宰するなど、個人の内面的個体性を重んずる理想主義的な立場から、多面的な著書活動を展開し、大正期の教育主義・人格主義の思潮を代表する人物の一人と目されるようになった。

大正10年東北帝大教授に就任し、翌11年から12年にかけてのヨーロッパ留学を経て、13年から仙台に移住、以後昭和20年(1945)に停年退職するまで、同校で美学を講じた。

昭和29年6月仙台に「阿部日本文化研究所」を設立したが、すでに健康がすぐれず、昭和34年10月20日に没した。76歳。

墓は仙台市北山二丁目の北山霊園内にある。

主著としては『三太郎の日記』のほか、『倫理学の根本問題』(リップス原著、大正5年)、『美学』(同6年)、『ニイチェのツァラツストラ解釈並びに批評』(同8年)、『人格主義』(同11年)、『徳川時代からの芸術と社会』(昭和6年)、『世界文化と日本文化』(同8年)があり、『阿部次郎全集』全17巻が出ている。

参考文献 船山信一『大正哲学史研究』、新関岳雄『光と影-ある阿部次郎伝』、上山春平「阿部次郎の思想史的位置」(『思想』429)(日本近現代人名辞典) 


新版 合本 三太郎の日記 (角川選書)
阿部 次郎
KADOKAWA/角川学芸出版
2008-11-10

Top