20170711-8

没後70年 迫力、情緒、なにわの女たち

毎日新聞

恒富の心情を探るヒントになるのが、書簡と弟子筋の作品だ。院展の重鎮、大観や安田靫彦(ゆきひこ)の手紙からは、恒富が大阪画壇のまとめ役だったことを 

 

子規らゆかりの書簡や絵はがき帰郷

愛媛新聞

俳人正岡子規の孫正岡明さん(72)=奈良市在住=が所蔵する子規や夏目漱石、子規の叔父・加藤拓川ゆかりの資料とともに、現代作家の作品を紹介する展覧 ...

 

熊澤蕃山『集義和書』卷第一

楽天ブログ - 楽天市場

一 来書略。物よみ (博文の人) に経義〔けいぎ〕を聞き候とも、 心法はいかが受用仕〔つかまつ〕る可〔べ〕く候や。 返書略。聖経賢伝、道理正しく候えば、誰よみて ...

 

懐かしい上岡龍太郎

親父たちの往復書簡 - FC2

豊田議員のパワハラ&暴力がワイドショウをにぎわせている。 テレビはこういう時、昔の映像を引っ張り出してきて流す。 その中に豊田議員が大学生の頃出た ...

 

「谷崎の愛した悪女」展

毎日新聞

本展では、『痴人の愛』のヒロインのモデルになった美貌の義妹・せい子の写真や、妻・松子あての書簡など、谷崎を巡る女性たちゆかりの資料を展示する。9月10 

 

加藤清正(かとうきよまさ)の関わったを知りたい。 覚えたい。

Naverまとめ

見た目は大人、頭脳は子供。その名も迷探偵「牛山田」。築城の名手、加藤清正その人の、関わったがどんなものか知りたくてまとめてみました。諸説あり。

 

首里で米軍を見た 大田昌秀が語る「沖縄」 朝日新聞

dot.

首里で米軍を見た 大田昌秀が語る「沖縄」』は2015年3月に掲載された朝日新聞のインタビュー記事をオンデマンド形式で出版した本。薄い一冊だが、ここには ...

 

JR東海×文藝春秋×クラブツーリズム 特別企画 直木賞受賞作家・安部龍太郎氏と作品の舞台へ

時事通信

安部龍太郎氏は、著書「おんなの」の中で「井伊直虎」を描かれており、舞台である井伊谷や歴史に造詣が深い作家です。安部龍太郎氏の視点で、また実際に旅 ...

 

レキシ、ついに“お”でのライブが決定!

MUSIC(エムオンミュージック)

大阪公演の会場は、大阪天守閣の西にある西の丸庭園。公演名は『おでライブができる喜びを皆で分かちあおう ~あれ?大阪、いつの陣?~』に決定。

 

名古屋の木造天守閣、寄付で特典 市計画、芳名掲示など

日本経済新聞

名古屋市は28日、名古屋天守閣の木造復元に個人が寄付した場合の特典の概要を明らかにした。5万円以上なら城内で芳名板で氏名を掲示し、内覧会にも ...

 

構造や城主の史料50点 - 柳沢文庫で「絵図に見る郡山」展

奈良新聞 (会員登録)

今年3月の郡山天守台展望施設(大和郡山市)オープンを記念した企画展「絵図に見る郡山」が、同市城内町の柳沢文庫で開かれている。8月20日まで。

 

大阪について調べてみた

草の実堂

「太閤はんのお」と呼ばれ大阪市民に親しまれている大阪は、まさに大阪のシンボルでもある。徳川家康が江戸に幕府を開くまでは日本の中心であり、豊臣家 ...

 

 

Top