20170707-14

念仏信仰広めた足跡 祐天上人と徳本上人、阿弥陀図など25点 平等院・鳳翔/京都

毎日新聞

宇治市の平等院ミュージアム鳳翔で夏季展「魅惑の南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)-念仏信仰の広がり」が開かれている。江戸時代に念仏信仰を民衆に広め ...

 

近鉄アートであべの歌舞伎「晴の会」 今年は「東海道四谷怪談」

あべの経済新聞

近鉄アートであべの歌舞伎「晴の会」 今年は「東海道四谷怪談」 ... 近鉄アート(大阪市阿倍野区、あべのハルカス近鉄本店ウイング8階)で8月3日~6日、「 ...

 

捨松~鹿鳴に咲き誇る花

小説家になろう

ポーシャとして愛を語るたび、バサーニオに扮した神田に話しかけられるたび、捨松のこころは揺れた。 「ああ、ポーシャ。たとえお日様は出ていなくても、こうして ...

 

松江・小泉八雲記念でアイルランド文化・文学伝える企画展

山陰中央新報

松江ゆかりの文豪・小泉八雲(1850~1904年)が幼少期を過ごしたアイルランドの文化・文学を伝える企画展が27日、松江市奥谷町の小泉八雲記念で ...

小泉八雲

 

輝かしいアホの系譜 坂田利夫の巻

琉球新報

漫才師・平和ラッパ、喜劇俳優・藤山寛美と続く系譜に連なる「アホの坂田」こと坂田利夫さんは、芸歴半世紀を超えた今も全力で「アホ」に徹する大御所です。

 

世紀前の「絶交」 大好きな友だちに謝りたい

朝日新聞

ひとことだけ、便箋(びんせん)に書いて投函(とうかん)した。京都府精華町の中田清美さん(67)が、高校2年のとき。宛先は親友の「ともこさん」。 「窓」 記事一覧.

 

「さとうきび畑」の歌 発表から半世紀 2年かけてたどりついた「ざわわ」

毎日新聞

ざわわ ざわわ ざわわ 風が通りぬけるだけ--。 太平洋戦争末期の沖縄戦を題材にした歌「さとうきび畑」の発表から今年で50年。サトウキビ畑に吹く風の音の「 ...

 

「『やってみなはれ』精神こそ政府にも求められる」

産経ニュース

日EU・EPAはTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)と同じく21世紀の経済秩序のモデルであります。 EUの人口は5億人を超えています。米国は3億人あまり ...

 

座禅の時間、燃え尽きるまで 香りにかける生き残り

朝日新聞

日本に線香が伝わったのは16世紀の安土桃山時代。発祥とされる堺市で、300年続く線香屋を営む奥野圭作さん(74)は「線香は寺に限らず、時間の目安に使 ...

 

ロッテ創業者が取締役退任内紛で約70年の在任に幕

京都新聞

創業一族間で経営権を巡る内紛が続くロッテホールディングス(HD、東京)は24日、東京都内で株主総会を開き、創業者で日韓にまたがる企業グループを築いた ...

 

 

 

 

Top