20170708-1

百間川「二の荒手」復元整備完了 岡山、遺構守り治水機能回復へ

山陽新聞 (会員登録)

国土交通省岡山河川事務所が、洪水対策のために行っている旭川と百間川の分流部(岡山市中区中島、今在家、竹田)の改築工事で、江戸時代に設けられた ...

 

「北九州平和資料館」市民団体が運営 戦争の悲惨さ訴え続ける 菊花紋の鬼瓦、日章旗、軍服など資料 ...

毎日新聞

... の始まり。96年には小倉北区に「平和資料館準備室」を開いて戦争に関する資料収集を始め、北九州市に戦争遺構の保存や平和資料館の建設を訴えてきた。

 

引退表明したアラン・ドロンに現代っ子びっくり「こんなに美しい男の人がいるなんて」世紀の二枚目俳優の ...

iza(イザ!)

... 「太陽がいっぱい」(1960年)などで知られ、二枚目の代名詞として日本人の心もつかんだフランスの俳優、アラン・ドロン(81)が、引退を表明した。デビュー60 ...

 

司馬遼太郎の「明治」とはなにか 今日の日本は「圧搾空気」が抜けてしまった 文芸批評家・都留文科大学 ...

産経ニュース (風刺記事)

過日、横浜市のそごう美術館で開催されている「没後20年 司馬遼太郎展『21世紀“未来の街角”で』を見に行った。『坂の上の雲』の愛読者としては、日本海海戦 ...

 

バロック展

佐賀新聞

16世紀末から18世紀初めにかけてヨーロッパ各地で花開いた「バロック絵画」。その作品を一堂に集めた「バロックの巨匠たち」展が佐賀市の佐賀県立美術館で ...

 

ASEANの半世紀と次の50年

日本経済新聞

世界は1年前と比較して様変わりした。これまで疑問を投げかけられることがなかった「グローバル化」が攻撃を受けている。東南アジア諸国連合(ASEAN)は急速 ...

 

虹の女神イリスの名を冠されたアヤメの織り成す絢爛たる迷宮。七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」

dot.

... たのですが、ハナショウブの栽培が盛んになり、菖蒲園が作られるようになる18世紀ごろ、カキツバタ(燕子草・杜若 Iris laevigata)、ハナショウブ類などアヤメ科 ...

 

君主の退位の形式は?

日本経済新聞

天皇陛下の退位を実現する特例法が先の国会で成立、16日に公布されました。時期は2018年末か、19年4月1日かで調整が進められます。明治天皇以降、天皇 ..

 

漢方のチカラ vol.1 不調からがん医療まで活用進む

読売新聞

この医学が日本に伝わったのは5~6世紀ごろで、その後日本の風土や日本人の体質などに合わせて独自に発展し、現在の「漢方医学」が出来上がりました。

 

岡山の相互扶助基金 世紀超え運用 初代「済世顧問」の藤井静一創設

山陽新聞 (会員登録)

民生委員制度の前身として知られ、岡山で1917年に誕生した「済世顧問制度」の初代顧問の一人だった藤井静一(1870~1952年)が、岡山市で創設した基金 ...

 

 

 

Top