20170708-2

九州国立博物館「世界遺産ラスコー展 クロマニョン人が見た世界」

よかなび観光ニュース

世紀の大発見、2万年前の洞窟壁画がついに九州国立博物館にやってくる! クロマニョン人が見た世界を体感しよう! 今から2万年ほど前、フランス南西部の ..

 

『感性文化論』 渡辺裕著

読売新聞

テレビがお茶の間のスタンダードになる前、スポーツは人々にとって「耳で聴く」ものだった。昭和初期以来形づくられてきたラジオやレコードで観戦するこのスタイル ...

 

 

『教養としての社会保障』 香取照幸著

読売新聞

少子高齢化が進む中で社会保障の持続可能性について不安を持つ人々が増えているようだ。「年金は破綻する」といった論調などその最たるものであろう。半世紀 ...

 

『エリザのために』ルーマニア女優、シアーシャ・ローナン&マーゴット・ロビーと共演

シネマトゥデイ

本作は、ジョン・ガイの著書「ザ・トゥルー・ライフ・オブ・メアリー・ステュアート(原題) / The True Life of Mary Stuart」を基に、16世紀にスコットランド女王の座に ...

 

引きこもる米英/前次官報道/日韓関係

毎日新聞

16世紀には、カトリックの「二つの記念碑的弱体国の連合」がラテン語の正統性を信じたのに対して、プロテスタント側はドイツ語など「俗語」でその正統性に勝利 ...

 

異国に伸びた日本人の根っこ。ブラジル日系人、苦難と栄光の歴史

まぐまぐニュース!

それらを通じて、ブラジルの日系移民が今日の地位を得たのは、一世紀もの間、幾多の苦難を乗り越えてきた苦闘の結果である事がよく分かった。 そしてその ...

 

【視点】井深大の最後の問いかけ 科学がもらたらすパラダイムとは (1/3ページ)

SankeiBiz

駆け出しの経済記者として電機業界を担当していた四半世紀ほど前、どうしても取材したい経済人がいた。1997年に死去したソニー創業者の井深大である。

 

「半世紀ぶり」の花嫁行列 訓子府 沿道から町民祝福

北海道新聞

町史に詳しい人によると「町内で花嫁行列が行われるのは、少なくとも半世紀ぶり」という。 柴田さん夫妻は今年1月に結婚。遼さんは地元出身だが、新婦の泰葉 ...

 

窪田真之の「時事深層」

マイナビニュース

20世紀は、モノの豊かさを求めて、人類が努力した時代だった。良質なモノをいち早く大量生産する企業が、成長企業となった。そうした中、20世紀の終盤に、産業 ...

 

オリンピック選手は何を食べているのか?

NewSphere

古代ギリシャのトレーナー、ピタゴラス(かの有名なギリシャの哲学者で数学者のピタゴラスではない)は5世紀半ば、アスリートの食事に肉を摂らせるという概念を ...

 

 

 

Top