「ひので」による大規模太陽フレアを起こした活動領域の観測 – ニュース

「ひので」による大規模太陽フレアを起こした活動領域の観測 – ニュース
クレジット:NAOJ/JAXA/MSU

2017年9月6日から11日(日本時間、以下同じ)、太陽で大規模フレア(爆発現象)が計4回発生しました。

大規模フレアを発生させた活動領域は、9月3日頃に現れ、その後急速に発達しました。太陽観測衛星「ひので」の観測チームは、当初の観測予定を変更し、この活動領域で発生が期待されるフレアの観測を9月5日夕刻より開始しました。その結果、9月6日と11日に発生した大規模フレアを捉えることに成功しました。

「ひので」は、1日に2回、定期的に太陽のX線全面像を撮影しています。8月31日から9月11日までのX線全面画像から作成した動画からは、大規模フレアを発生させた活動領域の発達のようすがよくわかります。

なお、今回の大規模フレア発生後に太陽から放出されたコロナガスが地球へ及ぼす影響について、情報通信研究機構から注意喚起が発表されました。このような太陽フレア発生による地球への影響を予測するための情報源の一つとして、「ひので」の観測データを提供しています。

関連リンク

Top