【伯州綿】ついに顔を出しました!(画像あり)

伯州綿に関してはコチラから。WEBHA
毎度お世話になっております。
妖怪神社スタッフ 押忍ネコです。

水木しげるロード内『もののけ本舗』では
境港市農業公社より伯州綿のプランターを
この夏よりお預かりし育てています。
721
7月21日から店前にて育てております。
(上記の画像はその時のモノです)
成長記録はコチラからご確認頂けます。
9121
9122
9221
9222
9月下旬 かなり大きく育ちました。
32
31
10月9日朝、プランターに目をやると、
何か白いモノを発見!
securedownload
よく見てみると!
実がはじけてコットンボール(綿)が
顔を出していました!うぉー!
securedownload-1
securedownload-2
securedownload-3
収穫したくなりますが、
そのままにしております♪
securedownload-4
securedownload-5
securedownload-6
上記のコットンボールを収穫体験出来る催しが
11月初旬の3連休にあります!
境港市を挙げてのビッグイベント!
『てぬぐいひらひら』!
8fbb6753
詳細はコチラから。

境港は魚と鬼太郎だけではございません!
特産品『伯州綿』も要チェック!
実りの秋!よろしくお願い致します!

ご清聴ありがとうございました。
押忍ネコでした。
48e441f7
【追記】
伯州綿とは…
江戸時代鳥取県西部は和綿の産地でした。
最盛期には一大産地を形成し全国ブランドになり、
鳥取藩の財政を支えていました。
明治時代になり海外からの安価の綿が台頭し、
徐々に伯州綿は衰退していきましたが、
弓浜絣(※1)の原料として伯州綿は
細々と栽培が行なわれていました。

そんな中、綿畑のある景色を残したい。
かつてのブランド綿を復活させていという思いから、
2015年4月より境港市は
『境港市地域おこし協力隊』を募集しました。
協力隊のメンバーは東京・大阪から境港に移り住み
伯州綿を育てながら広める活動をされています。

伯州綿は農薬・化学肥料を使わず、
手作業で育てています。
栽培の流れは今の時期(5月)より種まきを開始し、
6月から9月まで間引きや摘花除草などを行ない、
秋口の10月から12月にかけ本格的に収穫となります。
収穫された綿(コットンボール)は乾燥させ、
その後糸にする為、他良質の綿と紡績加工や
漂白や染めなどの処理を行ないます。
完成した糸は職人により様々な商品として
バッグやタオルなどになります。

『もののけ本舗』
鳥取県境港市本町13 TEL 0859-47-0808
Mail mononoke@hal.ne.jp
10:00~18:00
(地図) http://yahoo.jp/Ty1ezq
店舗メイン
Top