山口素堂 芭蕉七回忌追善 『冬かつら』杉風編。

イメージ 1


山口素堂 『冬かつら』杉風編。


芭蕉七回忌追善集 素堂七唱 素堂59才 


元禄十三年(1670)


 


ことしかみな月中二日、


芭蕉翁の七回忌とて、


翁の住捨ける庵にむつまじきかぎりしたひて入て、


堂あれども人は昔にあらじといへるふるごとの、


先思ひ出られた涙下りぬ。


空蝉のもぬけしあとの宿ながらも、


猶人がらなつかしくて、


人々句をつらね、筆を染て、


志をあらはされけり。


予も又、ふるき世の友とて、七唱をそなへさりぬ。


其一 


くだら野や無なるところを手向草


 其二 


像にむかひて紙ぎぬの佗しをままの佛かな


 其三 


像に声あれくち葉の中に帰り花


 其四  


翁の生涯、


鳳月をともなひ旅泊を家とせし宗祇法師にさも似たりとて、


身まかりしころもさらぬ時雨のやどり哉とふるめきて、


悼申侍りしが、今猶いひやまず。


  時雨の身いはば髭なき宗祇かな


 其五


菊遅し此供養にと梅はやき


 其六 


形見に残せる葛の葉の繕墨いまだかはかぬがごとし


  生てあるおもて見せけり葛のしも


 其七


予が母君七そじあまり七とせ成給ふころ、


文月七日の夕翁をはじめ七人を催し、


万葉集の秋の七草を一草づつ詠じけるに、


翁も母君もほどなく泉下の人となり給へば、


ことし彼七つをかぞへてなげく事になりぬ。


  七草よ根さへかれめや冬ごもり





Top