ラグビー日本選手権大会トップリーグステージ第10節

 ラグビーのトップリーグは2日、

東京・秩父宮ラグビー場で第10節の2試合が行われ、

リコーがNTTドコモを34―12で退け、7勝3敗とした。

NTTドコモは4勝6敗。

リコーは堅守からリズムをつかんで12―7で折り返すと、

後半は3トライを奪って突き放した。

 神戸製鋼はNTTコミュニケーションズと28―28で引き分けた。

神戸製鋼は6勝3敗1分け、NTTコミュニケーションズは5勝4敗1分け。

神戸製鋼は最大14点をリードしたが反撃に遭い、

ロスタイムで追い付かれた。

 トップリーグは日本代表戦があったため約1カ月中断していた。(時事通信)

Top