全日本総合バドミントン選手権大会2回戦

 バドミントンの全日本総合選手権は

30日、東京・駒沢体育館で各種目の2回戦が行われ、

シングルス男子で

違法賭博問題による出場停止処分が解除され、

2年ぶりに出場した桃田賢斗(NTT東日本)が

古財和輝(龍谷大職)を2―1で下して準々決勝に進出した。

前回覇者の西本拳太(トナミ運輸)も順当勝ち。

 女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)、

昨年優勝の佐藤冴香(ヨネックス)も8強入り。

同ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)、

米元小春、田中志穂組(北都銀行)はストレート勝ち。

 男子ダブルスは園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)などが勝ち上がった。

(時事通信)

Top