コパ・デル・レイ4回戦2ndレグ(ISM)

 スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)は現地時間28日、

4回戦セカンドレグが各地で行なわれ、

レアル・マドリーはホームで

3部フエンラブラダと2対2で引き分けた。

敵地での初戦を2対0と制していたレアルは、

2戦合計4対2でベスト16進出を果たしている。

 クリスティアーノ・ロナウドを筆頭に

多くのレギュラーを温存したレアルは、

25分に先制を許したものの、

62分にベイルが負傷から2カ月以上ぶりの復帰を果たすと、

直後にそのベイルのクロスからマジョラルが同点弾。

さらに8分後、ベイルのシュートのこぼれ球を

再びマジョラルが押し込んで逆転した。

 終了間際に失点し、

勝利を逃したレアルだが、ラウンド突破という目標は達成。

ジネディーヌ・ジダン監督は

「次のラウンドに進むことが大事だった。それを達成した」と述べた。

ナチョ・フェルナンデスも

「ベストゲームじゃなかったけど、最後は目標にたどり着いた」と続いている。

 そのほかの試合では、乾貴士所属のエイバルが敵地でセルタに0対1と黒星。

2戦合計1対3で敗退している。乾はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

マラガも2部ヌマンシアとホームで1対1と引き分け、2戦合計2対3で敗退。

レガネスは2部バジャドリーを1対0と下し、2戦合計3対1でベスト16入り。

レバンテはジローナとホームで1対1と引き分け、

2戦合計3対1でラウンドを突破した。(STATS-AP)

Top