彦根城学術シンポ2017-発掘・解体修理からみえてきた彦根城の文化財としての価値

お城のイベントです。
11月もイベント多いです。


彦根城学術シンポ2017-発掘・解体修理からみえてきた彦根城の文化財としての価値
日 時 2017年11月19日(日) 13時~17時00分
場 所 滋賀大学経済学部(滋賀県彦根市)
定 員 400名(申込要)
参加費 無料(資料代500円)
内 容
史跡岡山城跡の調査・研究からみえた城郭の歴史 (岡山市教育委員会文化財課長 乗岡 実氏)
県史跡郡山城跡天守台石垣解体調査から見えた城郭の歴史(大和郡山市教育委員会生涯学習課文化財係主任 十文字健氏)
特別史跡彦根城跡の石垣解体調査からみえた築城工程(彦根市教育委員会文化財課担当職員)
名勝玄宮楽々園の発掘調査からみえた彦根城の空間構造の変遷(彦根市教育委員会文化財課担当職員)
シンポジウム「城跡の調査・研究からみえてくる真の価値とその意義」
(司会:滋賀県立大学人間文化学部教授 中井 均氏)
問合せ
彦根市教育委員会文化財課
℡0749-26-5833
Top