社会人野球日本選手権大会 トヨタ自動車が3年ぶりV

 社会人野球の第43回日本選手権最終日は

12日、京セラドーム大阪で決勝が行われ、

トヨタ自動車が日本生命を3―1で破り、

3年ぶり5度目の優勝を果たした。(時事通信)

 トヨタ自動車は六回に河合の2点二塁打で均衡を破り、

九回は代打滝野の右前打で1点を加えた。

小出が五回途中まで無失点に抑え、

その後3投手をつないで反撃をしのいだ。

日本生命は六回の本田から高橋拓への継投が裏目に出た。

 最高殊勲選手には

16打数9安打の打率5割6分3厘で首位打者となった

トヨタ自動車の多木が選ばれた。

Top